スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目次を読む勉強法

今日は幼稚園のサロンの日。
そこの幼稚園に通う年長さんが卒園式に歌う予定の歌を、私たちに披露してくれました。


歌のタイトルは分からないのですが、手話付きで歌ってくれた曲を聴くうちに何だか涙が・・・
周りを見ると、そんなママさんがちらほら。

旋律が何だか物悲しかったせいもありますが、それ以上にあと数年したらうちの子もこんなに大きくなって、こうやって歌ったり手話できたりするんだ・・・・と思うと、こみあげるものがありました。

先週精神的につらいときに、ある人に「振り返ってみれば小さい頃なんてあっという間、小さい頃に大変だったことが懐かしくて戻りたくさえなるよ」と言われ、少し楽になりました。
今日の歌を聴いて、余計にそう思いました。
同じ状況を味わうなら「楽しんで」この瞬間を味わっていきたいものです。





さてCFP不動産の勉強。
息子が寝ている間の僅かな時間の積み重ねで、少しずつ理解が深まってきました。

そこで今日は「目次勉強」について・・・



長年の受験勉強は常に時間の確保との闘いでした。
その中で生み出した方法。


どのテキストにも目次がありますよね。
例えば今私が使っている不動産のテキスト、過去問にもあります。
勉強し始めの最初に、まずは目次を読みこなして自分が今から目指す試験の大まかな内容を把握します。

全く分野外の場合は、目次に書いてあることすら分からないことが多いですがそれでも目を通します。

私のCFPの場合は、過去問3回分を解きこなすことを受験資格の目標に掲げているので、テキストよりまずは過去問3回分の目次を見ます。
そして、その後テキストの目次へ。

そうすることで、テキストでは多く触れられている分野でも受験上はそんなに出題されていない分野の把握などができます。
また、この目次読みをするうちに、「筆界特定?」「うわー事業用定期借地権も出るんだー」など疑問や驚きが出てきます。

常々思うことなのですが、受験の成功法の一つは「興味」だと思います。
この「興味」をもつということは、恋愛で言うならば相手からのアタックを待つのではなく、自分から向かっていくのに近いでしょうか。
受験に関しては、テキストや授業をただ「受動的」に習得する姿勢ではなかなか合格は難しく、「積極的」に受験に向かっていってこそ合格は近いと思います。

その上でも「興味をもつ」というのは非常に大事なことで、目次勉強法は興味を持つための1つのツールとして役立つと思います。



受験勉強が進んできて、その勉強もだいぶ把握できるようになった時期(今の私のような時期です)に、目次を読み直してみるのもお勧めです。
その時期というのは段々中だるみになりやすい時期で、本来の目的である受験への熱意も薄れてくる頃です。
そのときに目次を読み返すことで、今自分が目指しているゴールが見え、「ああ、まだ自分は合格までやらなくてはいけないことの4割くらいしか勉強していないな」とマクロな視点から俯瞰できてまた勉強の意欲がわいてくるかと思います。
また、勉強の最初の時期では気付かなかったある分野とある分野の繋がりも分かってきて、面白さを感じることもできるかもしれません。


税理士受験中は、年中愛用しなくてはいけない理論サブノートを暗記ばかりするのではなく、こまめに目次確認することで条文と条文の繋がりやその税法の体系をイメージしていました。


あるベテラン税理士さんなんかもこの方法をされたとおっしゃっていました。
もし良かったら試してみてください。
スポンサーサイト

tag : 目次勉強 子育てサロン 税理士試験 理論サブノート CFP

写真でストレス軽減育児

今日も毎週恒例の幼稚園のサロンへ。

最近の息子の困った行動の1つ。

年上だろうが年下だろうが、子供という子供にギューっとしがみつく(本人は抱っこしてるつもり)こと。

今日は、0歳後半のお子さん2人にしてしまい、1人については倒してしまう始末。
幸い大事には至らず、そのお母さんも気にしなくていいと優しい方だったのでよかったものの・・・。
何度も謝り、家に帰ってからは自己嫌悪。

息子はとても動きが早く、今回もほんの一瞬の出来事。
でも、当事者のお母さんは本当に気にしなくていいということだったし、あんまり悩みを広げるのはよそうかなと思います。


先週、風邪やら何やらで息子に翻弄され週末にちょっとストレスフルだったときに、母に「お母さんになったんだから、もっとドーンと構えてなさい」と言われたことだし・・・


どうも、最近の私は悩みがち。
今回のことは別としても、ときにとても被害者妄想になり、あとになって何であそこまで疑心暗鬼になったんだろうと思うことも。


細木さんの占いは少しだけ信じているのですが、今年は乱気だそうです。
乱気はいつもより考えがゴチャゴチャしやすいらしく、人のことを疑ってしまったり、被害者妄想になりやすかったりするそうです。

最近のこの私の症状もその表れ?と昨日久しぶりに細木さんの本を見ました。
すると、乱気のときは逆に深くシビアに考えないほうがいいとのこと。

確かに、最近は1つ何か嫌な事があると、段々そこから拡大解釈して悩みを広げている傾向があった気がします。



自分のためにも家族のためにも?今年は本当に考えるべきことだけ考えて、あまり過去・将来について、そして人の言葉の裏まで考えすぎないようにしていこうと思います。




イヤイヤ期に突入した息子。
うちの子はスーパーでカートにも乗ってくれるし、よく動き回るものの比較的育てやすいしイヤイヤ期はないかもと高をくくってましたが、甘かった!
普通に成長の一過程として突入しました・・・・

いまのイヤイヤなんて2歳のものよりは可愛いらしく、行く末が恐ろしい・・・・


ただ、昨夜、一個だけ自分のストレスを少しだけ軽減する方法を見つけました。

彼の行動に腹がたったら、その現場をカメラにおさめようと。

そして将来、彼が反抗期になったら「あんた、こんな風にしてお母さんを困らせてたんだよ」と見せようかと。
いや、それが逆効果なら、結婚するときに見せようかと。
それらが無理でも、自分が子育てをひと段落してその写真を笑い話にできる日のために、とっておこうかなと。


今日、既に3枚とりました。

イヤイヤしている息子はカメラをみると、イヤイヤをやめてくれるというおまけ付きでした。

まあこの作戦もいつまで続くか分かりませんが、あの手この手で、ほかのお子さんと出来る限り比較せず、「彼のオリジナリティーの成長」と受容してあげていければ何よりです。






さあ、昼寝から目覚めてくる前に少しだけでも勉強頑張ります!

tag : 幼稚園 子育てサロン 勉強 昼寝 イヤイヤ期 細木さん

ポンと入れるだけ収納で勉強時間確保

今日も毎週行っている幼稚園の子育てサロンに行ってきました。
息子はそこが一番好きらしく、帰ってきたらグッスリなのでこちらも大助かり。


ところで、基本的に毎朝9時半から10時くらいには外出することが多い私たち2人。

私は起きてから、朝食・昼食(余裕があれば夕食も)の準備、食器洗い、授乳、化粧、自分と息子の着替え、おやつ、洗濯、持って行く物の準備、昼食の段取り・・・等々に追われます。
手を休ませることなく動いているはずなのに、いつも気付けば9時半くらいになっていて、今日みたいに開始時間がある予定だと焦ります。


息子はと言うと、夫がいる時間は一緒に遊んで、夫が出勤するとワンワンなりのテレビを観たり、絵本を読んだり、オモチャで遊んだり。
私が起きてから息子と接するのは授乳の間と、あと5分ほど遊ぶくらいです。

たまに寄ってきたりしますが、朝は息子も調子が良く、私も1日のうちで一番家事がはかどる時間です。


でも、そんな風に1人遊びしてくれている有難さとは引き換えに、イタズラも沢山してくれます・・・



うちは家の構造上、台所にゲートなどをつけていないので息子は自由に入ってこれるため、包丁が入った扉などにはストッパーを付けています。
でも、タッパーやお鍋の入った扉のストッパーは息子に何度か壊されてしまいそのままに。
そのため、息子は自由にそこを開け閉めしたり、タッパーを自分の遊び場に持って行っておままごとしたりしています。

最初のうちはこれらのイタズラに閉口させられていましたが、考え方を変えてからは少しは精神的に楽になりました。



タッパーの扉の中を幾つかの箱で区分し、大・中・小のタッパー別に区分けします。
さらに息子対策として、扉の一番手前に息子が遊んでいいようなタッパー類を入れた箱を置くことにしました。
そして、その箱を取り出さないと、奥の大人用のタッパーは取れないようにしました。

それからは息子は自分用のタッパーを出しては楽しんでいます。
こちらとしては、そのタッパーを散らかされたら、また息子用の箱にポッと入れ直すだけで片付けは終わるし、すすぎ直したりもしなくてはいいので楽です。


また、息子用の衣料箱もイタズラされる対象です。
彼のはしょっちゅう開け閉めしなくてはいけないので、ストッパーは付けていません。
なので、すぐに出されてしまいます。
それまでは、出される度にまたたたみ直して綺麗に入れ直していました。
でも、あまりに繰り返しなので疲れてしまい、それからは綺麗にしまうのを辞めました。

段ごとに、下着、ズボン、上着・・・などに大まかに分け、段の中でも区切りは1つないし2つくらいだけにして、あとは入れるだけの仕組みにしました。
多少探す手間はありますが、たたみ直す労力に比べると大したことありません。



そして、一番散らかされて困るのがオモチャ。
これに関しては、まだ小さいためオモチャが少ないことも関係していますが、オモチャ箱は2つにして、1つは車・ボールなど動くモノ、2つ目はその他、とあまりに大まかに分けて、あとはポンと中に入れていくだけにしています。
本にも書いてありましたし、子育て支援センターでもそうですが、子供は大まかに区分してあるほうが片付ける意欲がわくようですし、こちらとしてもその箱に詰め込めば片付くので楽です。

我が家では私が本好きのこともあり、息子は年齢の割りに本を結構持っているほうだと思います。
いつも食後に1人で絵本を散らかしながら読むので、その片付けも一苦労。
何か片付けやすい本棚がないかと探していたところ、支援センターなどにある表紙を見せて収納する本棚を知りました。
それで似たようなものを買いに行きましたが、どこのお店もいいお値段。
どうしようかと考えていたところ、大人用のマガジンラックを重ねて使おうとひらめき、2つ買ってきてそこに絵本を並べることに。

これは大成功でした。
息子が絵本を探すのも楽になったようですし、見せる収納だと息子自身が片付けようという気になるらしく、時折ですが自分で片付けてくれるので私も楽になりました。



昔から片付けは苦手な私。
でも、主婦として、そして母として、それなりには片付けないと家がスゴイことになってしまいます。
そんな苦手分野を、「ボックスに詰めていくだけ収納」にすることで、少しは克服してます。
ただ詰めていくだけの収納だと他の家族も比較的手伝ってくれますし、勉強時間を確保するための家事時間の切り詰めにはもってこいだと思います。

tag : 子育て支援センター イタズラ 子育てサロン ワンワン 勉強時間 家事時間

日中テレビは必要最小限に

子供の月齢に合った時間割を作り、おおよその毎日の生活リズムを確定させることが「育児と勉強の両立」の秘訣の1つであることは以前お話ししました。(カテゴリ「育児と勉強」)

主婦の場合、やろうと思えば1日中テレビをつけっぱなしということは可能です。
私は小さい頃からテレビ大好きっ子だったので、余計にその傾向が強いです。
そんな自分に鞭打って、日中、とくに平日はテレビを必要以上は付けないようにしています。



朝は起きてから朝食作りなどの最中、テレビはつけっぱなし。
ただ付けているだけで、ほとんど観てはいません。
そして、朝食時は、我が家では食事中、子供がテレビをつけると食べないので消しています。
食後はまた付け、7:50の「えいごであそぼ」あたりから教育テレビに。
その後は息子の大好きな「いないないばあっ」「おかあさんといっしょ」などずっとつけっぱなし。
当の息子は遊びの合間、合間で観てるようで、あまりジッとは観ていません。
でも、私はそれらのおかげで朝やれる限りの家事と、化粧などを済ませます。

そうこうしていると9時すぎ。
息子も段々構って~という感じになるので、そこで簡単なおやつ。
その間に出かける準備は全て済ませます。

おやつを食べ終わって9時半くらいに外出。
曜日によって、幼稚園・保育園の子育てサロンだったり、公園、子育て支援センター、友人宅、買い物などなど。

そして、一般的な日は12時前に帰宅。
テレビはすぐにつけます。
何故かというと、昼食準備は朝のうちにほぼ済ませていますが、やはり5分くらいは子供を待たせることになるので、お腹を空かせた息子が機嫌悪くならないように束の間観ていて貰います。

昼食後もまた付け、衛星でその頃、「おかあさんといっしょ」など幼児番組を入れている間に後片付け。

13時には昼寝の寝かしつけ。
寝かしつけて私も少し寝てしまうので、13時40分くらいに子供の寝ている部屋から出ます。

そこでその日初めてゆっくりできる時間。
コーヒーでも飲んでテレビを・・・となりがちですが、そこは頑張って(テレビ好きの私は・・・)付けずにパソコンや勉強を始めます。
第一、息子は平均2時間寝ますが、日によっては1時間だったりするのでいつ何時起きだすか分かりませんから、貴重な自分時間をテレビで費やすのは結果的にもったいないわけです。

ただ、この僅かな昼寝時間、自分時間を充実させようとあまり期待しないようにしています。
息子だってその日の体調などで、寝る日もあれば寝ない日もあります。
もし期待しすぎていたら、こっちのショックも大きいですし、昼寝時間にやる勉強などはやりたい分の6割程度出来ればいいや・・・的に考えています。

息子が15時すぎくらいに起きて、しばらくはテレビはなし。
16時に外出していていないときはまた「いないないばあっ」。
その後、大抵16時半には買い物、散歩に夕飯まで出かけるのでテレビはナシ。

夕食後は付けますが、19時にはお風呂に入れ、何だかんだで20時半となって息子を寝かせる時間となるのでテレビは観ません、というより観る暇がありません。



ということで、日中は、家事をするほんの合間に幼児番組を付ける程度で自分関係のテレビはほとんど観ていません。
勉強などの自分時間確保のためには、こうでもしないと無理というのが1つの理由。
それに、以前お話ししたように、平日の日中は「育児業」という本業の傍ら、「勉強業」という副業をやっている気持ちで生活しているので、仕事中である以上テレビを観ないというのももう1つの理由です。



ちなみに子供にテレビを観せることの良し悪しは、今回のテーマとはずれるのでまたの機会にします・・・

tag : テレビ 育児と勉強の両立 子育て支援センター 子育てサロン 育児業 自分時間 いないないばあっ

工程別メイク

先月末くらいからインフルエンザがかなり流行しているようですね。
出かけるとマスクの人を多く見かけます。

息子を含め家族全員インフルエンザワクチンを受けた我が家。
ですが、今年のはやりのタイプにはあまり効果がないとかなんとかで、1歳児というまだ小さい子供を抱える我が家では少しばかり対策を講じていました。
とは言っても、週二回通っていた近所の保育園の子育てサロンを控えたり(病児室が近いため)、しょっちゅう行っているショッピングモール、そしてスーパーは平日の人ごみのない時間に行ったり・・・程度ですが。

今のところインフルエンザには誰もかかっていません。
ですが、昨日から息子が痰の絡んだ咳を。
今日もすこし元気がないので、病気以外は外出しなかったことはほぼない!2人も、今日はまだ一歩も外に出ていません。
そして、今彼は昼寝をしているのでこうして更新しています。





ところで、いつも勉強や家事のことばかり書いていますが、今日は「身だしなみ」というカテゴリを設けてメイクについて。
でも、当ブログは「時間短縮」を中心にお話ししているのでその観点から。

私は、かなりファッションやメイクが大好きです。
とは言え、現在は育児中心、そして使えるお金も限られているのでその範囲内でですが。
事務所に勤務していた頃はかなりピークで、今では信じられないくらいそれらにお金を投じていました。

そんな私も子供を産んでしばらくはノーメイクの日もありましたが、そこそこの時期からはメイクしない日はなくなり、今は毎日しています。
(お肌のことを考えるとしない日を作るほうがいいのですが)

私の場合コンタクトなので、メイクをするということは基本的にはコンタクトもするということ。
ですので、よっぽど目の調子が悪くない限りは眼鏡の日も作らないようにしています。

それらの時間を省けば、受験時代であればもっと勉強したり、今なら息子と遊んだり出来るかもしれません。
ただ、身だしなみ時間はいつもお話ししている「子供が起きている時間」ですし、むしろメイクすることで何というかピシッとした気持ちになり、「今日一日頑張ろう!」となるので私にとってはなくてはならない時間なのです。

ですが、やはり子供がいると毎朝しっかり時間を取れない日もあります。
そのため、料理と一緒で「工程別」にメイクするようにしています。



①洗顔、コンタクト、乳液、化粧水、クリーム


②下地、ファンデ、眉


③チーク


④アイカラー


⑤アイライン


⑥マスカラ





大まかに分けるとこんな感じ。

夫のその日の出勤時間で①は決まります。
つまり、早めの出勤の場合、コンタクトは飛ばして、夫がいる時間、洗顔、化粧水まではしておく。
(私は乳液→化粧水のプロセスのメーカーです)

そして、その後洗濯など朝の家事の合間にコンタクト、クリーム、そして②のファンデ関係。
②までは基本的に毎日。

子供がテレビ「いないないばあ」等に夢中なときは、そこから一気に③、④・・・と進めます。
彼がつまらなくなって寄ってきたら中断。
もしそのとき、例えばアイカラーが片目とかいう場合は彼を膝に乗せて仕上げ。

そして、一緒に遊んだり、洗濯を干したり。
子供がまた1人遊びを始めたら、残った工程へ。

もし④の時点で外出時間が迫っていたり、その日の子供の機嫌でもうメイクは無理そうならその日はそこで終了。

余裕のある日は最後まで。

ただ、ここ最近は夫のいる休日でないとマスカラまではしてないです・・・・



この工程は自分にとっては避けて通れない順番で構成してあります。
例えば、ファンデ・眉はしないとなかなか外出しにくい年齢?ですし、チークも付けると一気に明るくなります。
マスカラはアイカラーよりも目がパッチリするし、優先順位は上なのですが、時間がほかのものよりかかる上に、子供がマスカラの最中に寄ってこようものなら失敗する可能性も。
ということでこの順番になっています。
アイラインは30代になって、上をせずとも下に薄くブラウン系などをするようになりました。
これでだいぶ目の印象が変わります。



税理士試験直前は、目の使いすぎでコンタクトをしないで眼鏡で、しかもアイカラーまでも出来ない日もありました。
昔だとしっかりマスカラまで完璧にしないと気が済みませんでしたが、子供ができ、また勉強もあり、何かを捨てないと時間は生まれないと割り切れるようになりました。

そんな中で生まれた隙間時間の積み重ねで仕上げる「工程別メーク」です。


専門家じゃないのであくまで自己流ですが、子供がいても勉強時間が欲しい、でも少しは身だしなみも・・・と私のような欲張りサンにはお勧めです。

tag : 隙間時間 メイク インフルエンザ 子育てサロン 税理士試験

訪問ありがとうございます!!
いつも動き回っているワンパク1歳男児のママです。 長年受けてきた税理士試験の最終科目を残したまま出産。どうしても睡眠時間が長い0歳児のうちに合格したいという思いから6か月から勉強を再開。ドタバタやりながらどうにかこうにか育児の合間に勉強する日々。試験直前に子供が病気したりもしましたが、何とか合格。育児超初心者ママが見つけ出した勉強と両立するための秘訣をお話ししたいと思います。 カテゴリ「はじめに」もご覧下さい。

りょうでん

Author:りょうでん

☆ランキング☆何位かな?ドキドキ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

税理士試験 子育てサロン 育児と勉強の両立 子育て支援センター 所得税法 CFP 勉強 相続税法 いないないばあっ イタズラ 事務所勤務 テレビ 財務諸表論 自分時間 法人税法 隙間時間 睡眠時間 0歳児 非常勤講師 フライング 理論暗記 寝かしつけ 時間の節約 アウトプット 運転中 短期合格 通関士 民法 確定申告 事故 妊娠 出産 寝ぐずり お昼寝 子供の病気 生活リズム 官報合格 食事時間 保育園 受験勉強 時間割生活 資格 ストップウォッチ 科目合格 授乳 家遊び 2時間問題 勉強法 育児中 簿記論 インフルエンザ 昼寝 イヤイヤ期 細木さん 勉強時間確保 幼稚園 目標 1歳半 男の子 育児 自己主張 お菓子 のびのび リトミック カート 講師 速読 理論サブノート 目次勉強 サンドイッチ勉強法 ダラダラ勉強 家族サービス 家事時間 勉強時間 合格秘訣 卒乳 育児業 妊娠初期 母乳 夜間授乳 簿記 メイク 腱鞘炎 妊娠後期 CFP相続税法 FP 税理士 継続教育テスト ワンワン 不景気 後期高齢者医療制度 実力判定模試 つわり 電卓 練習 

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
☆二代目ブログ☆
ママ税理士FPブラウニーによる「お金のツボ」       http://ameblo.jp/fp-brownie/
※当ブログのご利用方法※
このブログは大きく分けて、①育児と勉強の両立の秘訣 ②税理士試験をはじめ、資格試験の効果的な学習方法のご紹介 の2つの大きなテーマで構成しています。
☆プロフィール☆
大学卒業後、会計事務所勤務。 勤務中に税理士試験受験開始。 その後結婚、税理士講座の講師を 経て、長男出産。 その後、税理士試験官報合格。(税法は法人、所得、相続)。 ファイナンシャルプランナーAFP登録、CFP相続・タックス・不動産合格。 カテゴリ「税理士試験」の「合格・不合格年表」に詳細がのっています。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
楽天ランキング
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。