スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験終了間際の踏ん張り~育児で学ぶこと

今日は20分強かかる少し遠い支援センターのイベントに参加してきました。

リトミックだったのですが、30~40組というところでしょうか。
普段センターの遊び場となっている場所にギュウギュウ詰めなくらい大盛況でした。

息子は毎日のように様々な施設に行っているので、体操や歌などの時間は慣れているのですが、必ず1人はいる、じっとしていない、いやじっとできないタイプです。
親心としては、好きにさせてやりたいのですが、今日のように人が多いときは彼が立つとほかのお子さんが見えなかったり、踏んだりと何かとトラブルになりやすいのでこっちは多少追っかけなくてはならず、終始気が休まりません。

そこまでしても連れて行くのは、連れて行けば運動好きの本人は大変満足するらしく、しかも私としてもそういうイベントでもないと同じ位のお子さんをそんなに沢山見る機会はなく、ほかのお母さんの接し方などを参考にするいい機会でもあるからです。

あるイベントで、先生がテレビのいないないばあっでも、しっかり体操している子供たちはあまりいないのと一緒でお母さんは子供の手を持って体操してやる必要はないとおっしゃってました。
まあ、うちの子もさすがに小学生になる前までこんな感じだったら考えますが、まだ1歳半を過ぎたところですし、今日みたいに追っかけなくてはいけない日はヘトヘトですが気長に成長を見守っていこうとおもいます。

ところで、そこで2歳半~3歳半くらいの男の子のお母さん何人かに「いまの時期、大変でしょ?うちもそんな感じだったよー」などと声をかけられました。

育児をする中で、こんな風に「うちもそうだったよ」という言葉ほど有難い言葉はありません。
特に今現在悩んでることにヒットしていると、「分かる!?」と手を握り返したくなるほど。

私も、自分のうちより低月齢のお母さんにそんな優しい言葉をかけられるお母さんでありたいなと思います。
もし、自分の子はしなかったようなことも、「友達の子も似たようなこと言ってたわ」と言ってあげられたらと思います。

一見、なあなあな関係のようですが育児してはじめて分かったのは、この少子化・核家族の社会においてかなり多くのお母さんが孤独を味わっていますので、こういう同調というのはすごく助け舟になると思うのです。
私も本当に沢山の温かい言葉に日々助けられてます。

今までの自分の人生では知らなかったこと、気付かなかったことなど育児をする中で学ばさせてもらってます。



昨年の税理士試験本番。
2時間なのに3時間分くらいある膨大な量の問題を前に、試験終了15分くらい前にもう投げ出したくなりました。
でも、そこでフッと夫と息子の姿が脳裏によぎりました。
「この猛暑の中、私の受験のために遠方まで来て待っててくれるんだ、しかもこの半年私のために2人は様々なことを我慢してくれたのにこれで落ちたら彼らが報われない」
と思い、短時間で点数がとれやすい項目を選びコツコツ解いてきました。

今思えば、あの15分が合格の勝因だったと思います。









精神的にもろい私ですが、子供を産み育てることで少しは強くなってきました。

子供がいて諦めることもありますが、子供がいるおかげで学べることもいっぱいあるなと思った1日でした・・・
スポンサーサイト

tag : 子育て支援センター 税理士試験 リトミック いないないばあっ

ポンと入れるだけ収納で勉強時間確保

今日も毎週行っている幼稚園の子育てサロンに行ってきました。
息子はそこが一番好きらしく、帰ってきたらグッスリなのでこちらも大助かり。


ところで、基本的に毎朝9時半から10時くらいには外出することが多い私たち2人。

私は起きてから、朝食・昼食(余裕があれば夕食も)の準備、食器洗い、授乳、化粧、自分と息子の着替え、おやつ、洗濯、持って行く物の準備、昼食の段取り・・・等々に追われます。
手を休ませることなく動いているはずなのに、いつも気付けば9時半くらいになっていて、今日みたいに開始時間がある予定だと焦ります。


息子はと言うと、夫がいる時間は一緒に遊んで、夫が出勤するとワンワンなりのテレビを観たり、絵本を読んだり、オモチャで遊んだり。
私が起きてから息子と接するのは授乳の間と、あと5分ほど遊ぶくらいです。

たまに寄ってきたりしますが、朝は息子も調子が良く、私も1日のうちで一番家事がはかどる時間です。


でも、そんな風に1人遊びしてくれている有難さとは引き換えに、イタズラも沢山してくれます・・・



うちは家の構造上、台所にゲートなどをつけていないので息子は自由に入ってこれるため、包丁が入った扉などにはストッパーを付けています。
でも、タッパーやお鍋の入った扉のストッパーは息子に何度か壊されてしまいそのままに。
そのため、息子は自由にそこを開け閉めしたり、タッパーを自分の遊び場に持って行っておままごとしたりしています。

最初のうちはこれらのイタズラに閉口させられていましたが、考え方を変えてからは少しは精神的に楽になりました。



タッパーの扉の中を幾つかの箱で区分し、大・中・小のタッパー別に区分けします。
さらに息子対策として、扉の一番手前に息子が遊んでいいようなタッパー類を入れた箱を置くことにしました。
そして、その箱を取り出さないと、奥の大人用のタッパーは取れないようにしました。

それからは息子は自分用のタッパーを出しては楽しんでいます。
こちらとしては、そのタッパーを散らかされたら、また息子用の箱にポッと入れ直すだけで片付けは終わるし、すすぎ直したりもしなくてはいいので楽です。


また、息子用の衣料箱もイタズラされる対象です。
彼のはしょっちゅう開け閉めしなくてはいけないので、ストッパーは付けていません。
なので、すぐに出されてしまいます。
それまでは、出される度にまたたたみ直して綺麗に入れ直していました。
でも、あまりに繰り返しなので疲れてしまい、それからは綺麗にしまうのを辞めました。

段ごとに、下着、ズボン、上着・・・などに大まかに分け、段の中でも区切りは1つないし2つくらいだけにして、あとは入れるだけの仕組みにしました。
多少探す手間はありますが、たたみ直す労力に比べると大したことありません。



そして、一番散らかされて困るのがオモチャ。
これに関しては、まだ小さいためオモチャが少ないことも関係していますが、オモチャ箱は2つにして、1つは車・ボールなど動くモノ、2つ目はその他、とあまりに大まかに分けて、あとはポンと中に入れていくだけにしています。
本にも書いてありましたし、子育て支援センターでもそうですが、子供は大まかに区分してあるほうが片付ける意欲がわくようですし、こちらとしてもその箱に詰め込めば片付くので楽です。

我が家では私が本好きのこともあり、息子は年齢の割りに本を結構持っているほうだと思います。
いつも食後に1人で絵本を散らかしながら読むので、その片付けも一苦労。
何か片付けやすい本棚がないかと探していたところ、支援センターなどにある表紙を見せて収納する本棚を知りました。
それで似たようなものを買いに行きましたが、どこのお店もいいお値段。
どうしようかと考えていたところ、大人用のマガジンラックを重ねて使おうとひらめき、2つ買ってきてそこに絵本を並べることに。

これは大成功でした。
息子が絵本を探すのも楽になったようですし、見せる収納だと息子自身が片付けようという気になるらしく、時折ですが自分で片付けてくれるので私も楽になりました。



昔から片付けは苦手な私。
でも、主婦として、そして母として、それなりには片付けないと家がスゴイことになってしまいます。
そんな苦手分野を、「ボックスに詰めていくだけ収納」にすることで、少しは克服してます。
ただ詰めていくだけの収納だと他の家族も比較的手伝ってくれますし、勉強時間を確保するための家事時間の切り詰めにはもってこいだと思います。

tag : 子育て支援センター イタズラ 子育てサロン ワンワン 勉強時間 家事時間

日中テレビは必要最小限に

子供の月齢に合った時間割を作り、おおよその毎日の生活リズムを確定させることが「育児と勉強の両立」の秘訣の1つであることは以前お話ししました。(カテゴリ「育児と勉強」)

主婦の場合、やろうと思えば1日中テレビをつけっぱなしということは可能です。
私は小さい頃からテレビ大好きっ子だったので、余計にその傾向が強いです。
そんな自分に鞭打って、日中、とくに平日はテレビを必要以上は付けないようにしています。



朝は起きてから朝食作りなどの最中、テレビはつけっぱなし。
ただ付けているだけで、ほとんど観てはいません。
そして、朝食時は、我が家では食事中、子供がテレビをつけると食べないので消しています。
食後はまた付け、7:50の「えいごであそぼ」あたりから教育テレビに。
その後は息子の大好きな「いないないばあっ」「おかあさんといっしょ」などずっとつけっぱなし。
当の息子は遊びの合間、合間で観てるようで、あまりジッとは観ていません。
でも、私はそれらのおかげで朝やれる限りの家事と、化粧などを済ませます。

そうこうしていると9時すぎ。
息子も段々構って~という感じになるので、そこで簡単なおやつ。
その間に出かける準備は全て済ませます。

おやつを食べ終わって9時半くらいに外出。
曜日によって、幼稚園・保育園の子育てサロンだったり、公園、子育て支援センター、友人宅、買い物などなど。

そして、一般的な日は12時前に帰宅。
テレビはすぐにつけます。
何故かというと、昼食準備は朝のうちにほぼ済ませていますが、やはり5分くらいは子供を待たせることになるので、お腹を空かせた息子が機嫌悪くならないように束の間観ていて貰います。

昼食後もまた付け、衛星でその頃、「おかあさんといっしょ」など幼児番組を入れている間に後片付け。

13時には昼寝の寝かしつけ。
寝かしつけて私も少し寝てしまうので、13時40分くらいに子供の寝ている部屋から出ます。

そこでその日初めてゆっくりできる時間。
コーヒーでも飲んでテレビを・・・となりがちですが、そこは頑張って(テレビ好きの私は・・・)付けずにパソコンや勉強を始めます。
第一、息子は平均2時間寝ますが、日によっては1時間だったりするのでいつ何時起きだすか分かりませんから、貴重な自分時間をテレビで費やすのは結果的にもったいないわけです。

ただ、この僅かな昼寝時間、自分時間を充実させようとあまり期待しないようにしています。
息子だってその日の体調などで、寝る日もあれば寝ない日もあります。
もし期待しすぎていたら、こっちのショックも大きいですし、昼寝時間にやる勉強などはやりたい分の6割程度出来ればいいや・・・的に考えています。

息子が15時すぎくらいに起きて、しばらくはテレビはなし。
16時に外出していていないときはまた「いないないばあっ」。
その後、大抵16時半には買い物、散歩に夕飯まで出かけるのでテレビはナシ。

夕食後は付けますが、19時にはお風呂に入れ、何だかんだで20時半となって息子を寝かせる時間となるのでテレビは観ません、というより観る暇がありません。



ということで、日中は、家事をするほんの合間に幼児番組を付ける程度で自分関係のテレビはほとんど観ていません。
勉強などの自分時間確保のためには、こうでもしないと無理というのが1つの理由。
それに、以前お話ししたように、平日の日中は「育児業」という本業の傍ら、「勉強業」という副業をやっている気持ちで生活しているので、仕事中である以上テレビを観ないというのももう1つの理由です。



ちなみに子供にテレビを観せることの良し悪しは、今回のテーマとはずれるのでまたの機会にします・・・

tag : テレビ 育児と勉強の両立 子育て支援センター 子育てサロン 育児業 自分時間 いないないばあっ

時間割生活で勉強

休日はともかく、平日のブログ更新は1時から3時にかけてが最近の主流です。
それは何故かと言うと、息子の昼寝がこの時間だから。

1歳3か月くらいからでしょうか。
1日2回になったり、1回になっていたお昼寝が段々1回に。
最初はお昼になると眠くて愚図りだすもんだから、11時台に昼食にしたりしていました。
それが段々、12時くらいの昼食でOKになり、13時くらいに眠くなって「じゃあ、そろそろねんねしようか?」と誘うと自分から床にゴローンと。
よっぽど興奮していない限りは15分くらいでコトンと睡眠・・・というパターンになりました。


試験中は以前もお話ししたように、親のほうから意識して授乳時間、食事時間睡眠時間のリズムを作ってあげるようにしていました。一番の目的は、やはり勉強時間を確保するため。

昨日は5時間勉強できたけど、今日は0時間しかできなかった・・・・

というのは、受験勉強においてはかなりの痛手です。
出来なかった日で失われた勘を取り戻す時間が、通常時間にプラスして次の日に必要となってくるから。

それに、息子は今日、いったいいつ寝てくれるんだろう・・・なんて考えているとこっちまでイライラしがちです。
ですから、その月齢に合った生活リズムを育児書などで研究し、一番ベストと思えるものを採用していました。

育児をそんなカチカチのパターンに押し込めるなんて・・・・
と思われる方もいらっしゃると思います。
もちろん、これは受験勉強を育児と両立させるための方法の1つであって、そうでない場合までお勧めするものではありません。
それに、息子も私も当然、生の人間。
そんな毎日、毎日、機械のように同じパターンでうまくいくはずもありません。
あくまで、土台となる時間割があって、そこはその日その日で臨機応変に変えていくということです。


では、受験勉強当時のある月、どんな時間割だったかというと・・・・・

5時50分 : 起床、コーヒーをわかす、洗顔、基礎化粧
6時 : 勉強
6時50分 : 朝食作り、やれれば昼食・夕食の下ごしらえ
7時10分 : 朝食
7時40分 : 授乳
7時55分 : 後片付け(夫が遅めの出勤の日は息子と夫は散歩)
8時10分 : 洗濯干し
8時30分 : 化粧、身じたく
8時50分 : モップがけ等家事
9時10分 : 息子朝寝、勉強開始(日によって、加熱調理しながら勉強)
10時    : 息子起床、授乳
10時30分 : 支援センターへ
11時45分 : センターそばのスーパーへ
12時10分 : 帰宅、昼食
12時40分 : 後片付け、朝やり残した夕食作り等
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後までいくとあまりに長いので午前中を振り返るとこんな感じです。
そして、午後に1時間半~2時間くらいのお昼寝があるので、添い寝時間を抜くと1時間~1時間半の勉強。
そのお昼寝の後、また散歩や買い物に連れ出していっぱい体を動かさせてあげます。
試験直前は17時くらいからお風呂で水遊びを兼ねてシャワーをしていました。

そして18時に食べさせて20時くらいに寝かしつけ。
21時くらいから22時半くらいまで勉強していたと思います。

勉強期間中はあまりに忙しく、あんなにしっかりつけていた育児日誌もかなり適当になってしまいました。なので、記憶違いの部分もあるので、そこは大目に見ていただきたいのですが、ざっとこんな感じの時間割です。

細かく書きましたが、要は

  睡眠時間、特に夜の就寝時間を確定させる

 
  外に出来るだけ2回は出る
  (家遊びが飽きてきて愚図つく前に外出できるようなスケジューリングに)


  食事時間を確定させる(でも授乳時間はこの月齢だと確定しにくいので臨機応変にでしたが)





ということを意識してリズムを作っていました。


そのとき参考になったのが、保育園に通っている同じ月齢のお子さんたちのリズム。
同じくらいの子が出来るんだったら、うちの子も出来るだろうと結構参考にさせてもらいました。
実際、保育園はいっぱいありますが、0歳児の生活リズムというのは結構似ているらしいのです。
きっと、先生たちが管理しやすく、子供たちにも合ったリズムなのでしょう。


このようにして勉強時間を確保するために「時間割」を意識して生活していたのですが、結果的には息子にとっても良かったようです。
よく動き、よく食べ(一時は悩みましたが)、よく寝る子になったんじゃないかと思います。
(よく動くのはたまに困らされることもありますが・・・)


友人と会う日などイベントのある日はもちろんこんなことは割り切ります。
あくまでイベントのない通常日のリズムです。
そして、時間割どおりにいかないのが当たり前、そこそこそれらしく生活しようくらいの気持ちが大事かと思います。

tag : 家遊び 睡眠時間 時間割生活 授乳 子育て支援センター 勉強 受験勉強 保育園 食事時間

訪問ありがとうございます!!
いつも動き回っているワンパク1歳男児のママです。 長年受けてきた税理士試験の最終科目を残したまま出産。どうしても睡眠時間が長い0歳児のうちに合格したいという思いから6か月から勉強を再開。ドタバタやりながらどうにかこうにか育児の合間に勉強する日々。試験直前に子供が病気したりもしましたが、何とか合格。育児超初心者ママが見つけ出した勉強と両立するための秘訣をお話ししたいと思います。 カテゴリ「はじめに」もご覧下さい。

りょうでん

Author:りょうでん

☆ランキング☆何位かな?ドキドキ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

税理士試験 子育てサロン 育児と勉強の両立 子育て支援センター 所得税法 CFP 勉強 相続税法 いないないばあっ イタズラ 事務所勤務 テレビ 財務諸表論 自分時間 法人税法 隙間時間 睡眠時間 0歳児 非常勤講師 フライング 理論暗記 寝かしつけ 時間の節約 アウトプット 運転中 短期合格 通関士 民法 確定申告 事故 妊娠 出産 寝ぐずり お昼寝 子供の病気 生活リズム 官報合格 食事時間 保育園 受験勉強 時間割生活 資格 ストップウォッチ 科目合格 授乳 家遊び 2時間問題 勉強法 育児中 簿記論 インフルエンザ 昼寝 イヤイヤ期 細木さん 勉強時間確保 幼稚園 目標 1歳半 男の子 育児 自己主張 お菓子 のびのび リトミック カート 講師 速読 理論サブノート 目次勉強 サンドイッチ勉強法 ダラダラ勉強 家族サービス 家事時間 勉強時間 合格秘訣 卒乳 育児業 妊娠初期 母乳 夜間授乳 簿記 メイク 腱鞘炎 妊娠後期 CFP相続税法 FP 税理士 継続教育テスト ワンワン 不景気 後期高齢者医療制度 実力判定模試 つわり 電卓 練習 

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
☆二代目ブログ☆
ママ税理士FPブラウニーによる「お金のツボ」       http://ameblo.jp/fp-brownie/
※当ブログのご利用方法※
このブログは大きく分けて、①育児と勉強の両立の秘訣 ②税理士試験をはじめ、資格試験の効果的な学習方法のご紹介 の2つの大きなテーマで構成しています。
☆プロフィール☆
大学卒業後、会計事務所勤務。 勤務中に税理士試験受験開始。 その後結婚、税理士講座の講師を 経て、長男出産。 その後、税理士試験官報合格。(税法は法人、所得、相続)。 ファイナンシャルプランナーAFP登録、CFP相続・タックス・不動産合格。 カテゴリ「税理士試験」の「合格・不合格年表」に詳細がのっています。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
楽天ランキング
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。