スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速読で勉強時間・解答時間を節約

子供が2歳ちかくになると、ほぼ毎日のように外で遊ぶようになり、昨年までは心配していなかった「日焼け」に悩まされています。
10、20代の頃にしていたテニスによる日焼けの代償でしょうか、30代を過ぎて少しずつシミとなって登場。
さらに、日焼け対策では防ぎきれない現在の日焼けによるくすみもあり。


あくまで個人的意見ですが、日焼けしているときよりしていない冬のほうが顔映りはいいし、服も選ばない気がします。
夏があと数ヶ月続くかと思うと、本当、真剣に悩んでしまいます。。。
子供を第一に考えると致し方ない暮らしぶりとはいえ・・・・






さて、今日は「速読」について。

私自身は速読術を習ったことはありません。
ですから、あくまでも自己流。

しかも、速読術のように超スピードで読めるわけでもありません。
せいぜいで、普通の読み方の1.2倍程度。

ですが、この少しのスピードアップが資格合格にはなかなか有利になってきます。



ポイントは、「目をよく動かす」ということ。

文章を読むときに「意識して」目を縦書きなら上から下に、横書きなら左から右に動かしていきます。



そして、もう1つは「キーワードを追っかける」ということ。




最後に、「頭の中で音読しない」こと。
私は税理士試験を受けるまでは、文章を読むときに「頭の中で」1回反芻させながら読んでいました。
ですが、文章を音に変える作業の分、音読しないで単純に文字を追っかけるだけよりも時間にロスがあることに気付きました。
なので、あくまで「文字面」だけを目で追っかけます。




ポイントはただそれだけです。



最初のうちはただ文字を追っかけるだけになると思います。
でも、慣れてくると段々「理解しながら」読めるようになってきます。


慣れるまで、いや試験問題を解くような速読に関してはずっと、キーワードにマーカーなんかを引きながらこの方法を実践していったほうがスピードアップできると思います。

前述のような一文字残らず読解すべきものとは違い、新聞や小説のような類に関しては時間節約のため私自身は重要そうなキーワードのみを追っかけて一読(小説の場合は見開き1ページ単位で)し、もっと深く読みたいなという場合のみしっかり読み直すようにしているので、マーカーは使っていません。




速読をとても意識したのは、子供を産む前、法人税法講師をしながら、所得税法相続税法を受験した年でした。
法人税法はとてもボリュームがあり、授業準備のために読む書類もかなりの量でした。
それを所得税法相続税法の勉強と同時進行していくには速読しか方法はありませんでした。

おかげで、この頃はいつも眼精疲労に悩まされていましたが・・・




眼にはあまりいいこととはいえませんが、育児や仕事といったものと勉強を両立させなくてはいけない時間のない人にはかなりオススメの方法です。
試験当日のみならず、受験勉強期間により役立つと思います。
スポンサーサイト

tag : 講師 速読 法人税法 所得税法 相続税法 育児と勉強の両立 税理士試験

サンドイッチ勉強法で家族みんな笑顔

夫の繁雑期は今週で終わりの予定。

連夜12時くらいの帰宅、休日は日曜のみです。


今年受験する夫ですが、この忙しさの中では全く勉強できず、日曜日にするのみです。



通常ならそんなに激務なので日曜も1日休んでいてもいいくらいですが、家族も大事にしたい、勉強もしたい・・・と夫は家族サービスと勉強をしてくれています。





我が家は平日だけでなく、休日もほぼ時間割生活を送っています。
(もちろん、夫か私のどちらかが受験中の場合です・・・)

こないだの日曜は、県立公園の中にある子供のためのかなり大型施設に行ってきました。
9時半には出発し、その施設は売店しかないのでお昼ご飯をモスバーガーで買い、現地へ。

そこで昼ごはんまで、交代で子供を遊ばせます。
私はうたた寝したり、CFPの勉強をしたり。
夫は税理士試験の勉強。

かなり広い施設なので、至るところで本を読んでたり、寝ている大人がいる感じです。
息子も昼寝をしない歳になれば、それこそ1日楽しめる施設です。


そして、昼ごはんをそこで済ませてまた少し遊ばせた後、13時頃に車へ。

その施設に行った日は、息子は車に乗せてすぐに寝ます。


その後、夫はその施設の近くの図書館で勉強。
私は、そこの駐車場かどこか近くの大きな駐車場で、少し休んでから勉強をしたり、本を読んだり。
(以前お話ししたように、税理士受験の頃から車の中で過ごすことは全く苦ではありません。ただ、息子には暑すぎたり寒すぎたりしないように、直射日光があたらないようにしたり窓を少し開けたりとこまめに対応してあげます。)


息子は大体1時間半から2時間寝るので、その間、夫には存分に勉強してもらいます。
息子が起きたとしても、最低でも2時間、出来るときは3時間ほど夫が勉強できるくらいの時間を、息子と図書館やお買い物に行ってつぶします。

その後、大体16時くらいにみんなでスイーツタイム。
この間はサーティワンアイスでした。
そして、少し買い物などをして帰宅。



平均的な日曜日の過ごし方はこんな感じです。

繁雑期でなければ、夫は夕飯後また勉強をします。


家族サービスなんかしてたら合格できないと思われがちですが、この方法でも1日最低5時間ほどは確保できますので、税理士合格の可能性はある時間です。
(ただし、2科目以上の受験だと厳しいかも)
しかも(私は講師時代から「サンドイッチ勉強法」と言っていたのですが)、勉強以外の「余暇」「家事」「睡眠」などの1日のうちでやらなくてはいけない要素の間に「勉強」という要素をサンドイッチのように組み込むことで、ダラダラ勉強を防ぎ、より効率的な知識習得につながると思います。

このサンドイッチ勉強法を思いついてからは、「育児と勉強」「仕事と勉強」「難関科目を敢えて同じ年に同時に勉強する」など、普通に考えると不可能そうなことですが、うまくやれば本来の1,5倍の力がだせる方法だなと思いチャレンジしてきました。



上記の休日の過ごし方、もしかしたら変わった家族・・・と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
ただ、「育児と勉強」「仕事と勉強」といった一見両立が難しそうなことの上に家族サービスも・・・と欲張るにはこれが最善の方法かなと思い、昨年私が受験したときも似たようなことをしていました。
まあ、これが我が家においてはみんながハッピーでいられる一番の方法かなと思います。

tag : サンドイッチ勉強法 育児と勉強の両立 ダラダラ勉強 家族サービス

日中テレビは必要最小限に

子供の月齢に合った時間割を作り、おおよその毎日の生活リズムを確定させることが「育児と勉強の両立」の秘訣の1つであることは以前お話ししました。(カテゴリ「育児と勉強」)

主婦の場合、やろうと思えば1日中テレビをつけっぱなしということは可能です。
私は小さい頃からテレビ大好きっ子だったので、余計にその傾向が強いです。
そんな自分に鞭打って、日中、とくに平日はテレビを必要以上は付けないようにしています。



朝は起きてから朝食作りなどの最中、テレビはつけっぱなし。
ただ付けているだけで、ほとんど観てはいません。
そして、朝食時は、我が家では食事中、子供がテレビをつけると食べないので消しています。
食後はまた付け、7:50の「えいごであそぼ」あたりから教育テレビに。
その後は息子の大好きな「いないないばあっ」「おかあさんといっしょ」などずっとつけっぱなし。
当の息子は遊びの合間、合間で観てるようで、あまりジッとは観ていません。
でも、私はそれらのおかげで朝やれる限りの家事と、化粧などを済ませます。

そうこうしていると9時すぎ。
息子も段々構って~という感じになるので、そこで簡単なおやつ。
その間に出かける準備は全て済ませます。

おやつを食べ終わって9時半くらいに外出。
曜日によって、幼稚園・保育園の子育てサロンだったり、公園、子育て支援センター、友人宅、買い物などなど。

そして、一般的な日は12時前に帰宅。
テレビはすぐにつけます。
何故かというと、昼食準備は朝のうちにほぼ済ませていますが、やはり5分くらいは子供を待たせることになるので、お腹を空かせた息子が機嫌悪くならないように束の間観ていて貰います。

昼食後もまた付け、衛星でその頃、「おかあさんといっしょ」など幼児番組を入れている間に後片付け。

13時には昼寝の寝かしつけ。
寝かしつけて私も少し寝てしまうので、13時40分くらいに子供の寝ている部屋から出ます。

そこでその日初めてゆっくりできる時間。
コーヒーでも飲んでテレビを・・・となりがちですが、そこは頑張って(テレビ好きの私は・・・)付けずにパソコンや勉強を始めます。
第一、息子は平均2時間寝ますが、日によっては1時間だったりするのでいつ何時起きだすか分かりませんから、貴重な自分時間をテレビで費やすのは結果的にもったいないわけです。

ただ、この僅かな昼寝時間、自分時間を充実させようとあまり期待しないようにしています。
息子だってその日の体調などで、寝る日もあれば寝ない日もあります。
もし期待しすぎていたら、こっちのショックも大きいですし、昼寝時間にやる勉強などはやりたい分の6割程度出来ればいいや・・・的に考えています。

息子が15時すぎくらいに起きて、しばらくはテレビはなし。
16時に外出していていないときはまた「いないないばあっ」。
その後、大抵16時半には買い物、散歩に夕飯まで出かけるのでテレビはナシ。

夕食後は付けますが、19時にはお風呂に入れ、何だかんだで20時半となって息子を寝かせる時間となるのでテレビは観ません、というより観る暇がありません。



ということで、日中は、家事をするほんの合間に幼児番組を付ける程度で自分関係のテレビはほとんど観ていません。
勉強などの自分時間確保のためには、こうでもしないと無理というのが1つの理由。
それに、以前お話ししたように、平日の日中は「育児業」という本業の傍ら、「勉強業」という副業をやっている気持ちで生活しているので、仕事中である以上テレビを観ないというのももう1つの理由です。



ちなみに子供にテレビを観せることの良し悪しは、今回のテーマとはずれるのでまたの機会にします・・・

tag : テレビ 育児と勉強の両立 子育て支援センター 子育てサロン 育児業 自分時間 いないないばあっ

時間の積み重ね

育児と勉強を両立させるには、まず時間の足りない状況をしっかりと現実視しなくてはいけません。

たとえば税理士試験の勉強では、実際の試験と同じように2時間の時間を計って解く練習があります。2時間問題を続けて解くなんて、育児中のママにとってはまず不可能。

そこで、私は同じ試験を目指している仲間でママながらに科目合格した方からアドバイスをもらいました。

それが「ストップウォッチ」勉強法


子供の寝ている間しか問題を解けないとなると、子供というのは毎回順調に寝てくれるとは限らない。寝返りしてはウエーンと泣いてみたり、近くで工事しててその音で泣いてみたり・・・となかなか続けて2時間勉強するのは難しいですよね。

ましてや、うちの場合、受験当時は初期は4回、後半でも2回のお昼寝を30分ずつくらいに分けてしてました。なので、余計に不可能でした。

てな訳で、問題を解き始めるときにストップウォッチを押し、子供が起きたら止め、もし寝かしなおしてうまくまた寝てくれればストップウォッチ再開・・・てな感じでどうにか2時間問題を解いていました。

結局本番の試験まで2時間しっかり計って問題を解けたのは、専門学校の公開模試を含めて2、3回だけでした。




問題を計る以外にも、私のように時間を細切れにしかとれない人は、勉強時間を常にストップウォッチで計って、その日のトータル勉強時間をカウントし、「よし、今日はこれだけ頑張った!」と自分への自信につなげるという方法にも使えると思います。

tag : ストップウォッチ 勉強法 育児中 2時間問題 育児と勉強の両立 科目合格 お昼寝

訪問ありがとうございます!!
いつも動き回っているワンパク1歳男児のママです。 長年受けてきた税理士試験の最終科目を残したまま出産。どうしても睡眠時間が長い0歳児のうちに合格したいという思いから6か月から勉強を再開。ドタバタやりながらどうにかこうにか育児の合間に勉強する日々。試験直前に子供が病気したりもしましたが、何とか合格。育児超初心者ママが見つけ出した勉強と両立するための秘訣をお話ししたいと思います。 カテゴリ「はじめに」もご覧下さい。

りょうでん

Author:りょうでん

☆ランキング☆何位かな?ドキドキ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

税理士試験 子育てサロン 育児と勉強の両立 子育て支援センター 所得税法 CFP 勉強 相続税法 いないないばあっ イタズラ 事務所勤務 テレビ 財務諸表論 自分時間 法人税法 隙間時間 睡眠時間 0歳児 非常勤講師 フライング 理論暗記 寝かしつけ 時間の節約 アウトプット 運転中 短期合格 通関士 民法 確定申告 事故 妊娠 出産 寝ぐずり お昼寝 子供の病気 生活リズム 官報合格 食事時間 保育園 受験勉強 時間割生活 資格 ストップウォッチ 科目合格 授乳 家遊び 2時間問題 勉強法 育児中 簿記論 インフルエンザ 昼寝 イヤイヤ期 細木さん 勉強時間確保 幼稚園 目標 1歳半 男の子 育児 自己主張 お菓子 のびのび リトミック カート 講師 速読 理論サブノート 目次勉強 サンドイッチ勉強法 ダラダラ勉強 家族サービス 家事時間 勉強時間 合格秘訣 卒乳 育児業 妊娠初期 母乳 夜間授乳 簿記 メイク 腱鞘炎 妊娠後期 CFP相続税法 FP 税理士 継続教育テスト ワンワン 不景気 後期高齢者医療制度 実力判定模試 つわり 電卓 練習 

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
☆二代目ブログ☆
ママ税理士FPブラウニーによる「お金のツボ」       http://ameblo.jp/fp-brownie/
※当ブログのご利用方法※
このブログは大きく分けて、①育児と勉強の両立の秘訣 ②税理士試験をはじめ、資格試験の効果的な学習方法のご紹介 の2つの大きなテーマで構成しています。
☆プロフィール☆
大学卒業後、会計事務所勤務。 勤務中に税理士試験受験開始。 その後結婚、税理士講座の講師を 経て、長男出産。 その後、税理士試験官報合格。(税法は法人、所得、相続)。 ファイナンシャルプランナーAFP登録、CFP相続・タックス・不動産合格。 カテゴリ「税理士試験」の「合格・不合格年表」に詳細がのっています。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
楽天ランキング
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。