スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2歳児育児&自分時間両立の日々

こちらのブログ、大変ご無沙汰しております。



子供の睡眠中に自分時間を最大限に確保する毎日は続いてます。
このブログを書き始めた頃は「勉強」「家業手伝い」がその主でしたが、今は少しずつ「FPとしての仕事」も加わってます。

セミナーなど子供を連れていけない仕事は一時保育などを利用してますが、パソコン作業など家でできる部分は、ほとんど子供の睡眠中にしてます。

二歳になり、睡眠時間が少し減り、この生活の損益分岐点?は時間の問題のような気も・・・
いけるところまでは頑張ってみます♪

この生活は、夫の協力なしにはできません。

我が家では、よっぽど夫の帰りが遅くない限り「お風呂」「寝かしつけ」はそれぞれが担当してます。

CFP試験まであと2週間近く。セミナーが先週終わり、ようやく試験勉強を再開したのが先週末。
専門外の「金融」が受験科目なのに、全くの準備不足!
昨日から夫にお願いして、夫が寝かしつけ、私がお風呂にしてもらい、夜型勉強(何故か最近、朝起きられず、寝かしつけをすると私が寝すぎてしまうので) を始めました。
久しぶりに集中したのか、気づけば12時を回ってました。

朝は、6時半に起き、ゴミ集め、その後バナナが大量にあったので野菜ジュース作りを含む朝食作り。
のんびり食べている子供を見ながら、先日ある幼稚園イベントで掘ったお芋&おでんを一緒に茹で…。
おでんは塩ベース料理のため、お芋も一緒に茹でられて一石二鳥^^
(もちろん練り物を入れる前ですが・・・)
これでおやつ&夕食が出来上がり。

おでんは、保温容器に入れたので夕食時にはいい感じだと思います。


教育テレビの英語であそぼあたりからこの作業を始め、メイク、洗濯、朝食後片付け、新聞、行く準備などを9時くらいまでに済ませる。
このパターンが最近多いパターン。


相変わらず朝はバタバタです。


でもこの頑張り度合いで、午後からの自分時間が変わるので真剣!

朝は子供も比較的ぼーっとしてるので、あんまり遊んでとは言わず、用事を済ませやすいです。
また、夕方は洗濯物たたみ、片付け&部分掃除、夕飯仕上げ、買い物など、家事をほとんど仕上げておかないと、夜子供が寝たあとに家事をやる羽目になるので、朝にこれ位やる必要があります。


こんな感じで、二歳時の育児と自分時間両立の日々は動いてます。

ちなみにこのブログは、支援センターで子供を遊ばせながら携帯でうちました。
インフルエンザ流行のためガラガラで、子供をあまり監視?する必要もありませんでした…
スポンサーサイト

価値観の転換期の訪れ?

時間節約に近いブログを書いているのとは逆行することが起きました。


いや、そんなに大げさなことではありません。

今年に入ってからの息子の度重なる気管支炎、夫の残業つづきなどがあったためでしょうか、私がダウンしてしまいました。

しかも、平日の夕方に割れるような頭痛、そして酔っても吐かないのに頻回の吐き気からスタート。
それから数日間。
ようやく今日パソコンの前に座れるまでには戻りました。

偶然にも実父の休日があったり、義母が半日休みをとって下さったりと、平日のダウンではあったものの子守りはどうにかこうにかお願いしたり、自分でも気合いを入れて起きたりなどで乗り切りました。

子供を産んでからここまでのダウンは初めて。
今回ほど、母親がダウンすると家が回らないと実感したことはありません。



そして、お布団の中でボーっとうなされながら思ったのでした。


昨年は税理士試験があったし、子供も0歳で睡眠も多かったからどうにかタイトな時間割生活も可能だった。
でも、今年は夫の仕事も例年になく忙しく頼れないし、子供も段々成長してきて前より体力はいる。
確かにCFP試験は今の時期が絶好のチャンスだけど、税理士試験ほど何が何でもという訳ではない。
ましてやダウンして、両親、そして義理の両親にまで心配をかけるまでの必要性はないはず・・・




家事、育児、少しの仕事の合間の自分時間の充実を図るためもあって始めたはずのCFP勉強。
なのに、何だか趣旨がずれて来たのでした。

もちろん、受験生としてはここまでの気持ちで頑張るのは大事です。
でも、母そして妻としての生活を選んでいる以上、やはりそこの基本をしっかりした上での「自分時間」なんですよね・・・


実母がバリバリの働く母だったため、お母さんがのんびりするというシーンが頭の中にイメージできない私。
まあ、そのおかげもあってか昨年、比較的家事時間の節約のイメージがわきやすかったのかもしれませんが、人生には色んなシーンがあるということで、今はもう少しのんびりモードで日々を送る時期なのかもしれません。

この数日間で、産んで初めて子供と離れて、あんなに眠りました。
そして、久しぶりに「考え事」をめぐるめぐるしました。
体とともに、心の洗濯も少しできた気がします。

もちろん、勉強は続けます。
将来の仕事にも必要ですし、したいですし。

でも、あんなに長いこと頑張った税理士試験が終わったんですよね。
だからもう少しだけのんびりとしてもいいかな・・・・と、合格発表がでて4か月近くたってようやく思えるようになった出来事でした。

ポンと入れるだけ収納で勉強時間確保

今日も毎週行っている幼稚園の子育てサロンに行ってきました。
息子はそこが一番好きらしく、帰ってきたらグッスリなのでこちらも大助かり。


ところで、基本的に毎朝9時半から10時くらいには外出することが多い私たち2人。

私は起きてから、朝食・昼食(余裕があれば夕食も)の準備、食器洗い、授乳、化粧、自分と息子の着替え、おやつ、洗濯、持って行く物の準備、昼食の段取り・・・等々に追われます。
手を休ませることなく動いているはずなのに、いつも気付けば9時半くらいになっていて、今日みたいに開始時間がある予定だと焦ります。


息子はと言うと、夫がいる時間は一緒に遊んで、夫が出勤するとワンワンなりのテレビを観たり、絵本を読んだり、オモチャで遊んだり。
私が起きてから息子と接するのは授乳の間と、あと5分ほど遊ぶくらいです。

たまに寄ってきたりしますが、朝は息子も調子が良く、私も1日のうちで一番家事がはかどる時間です。


でも、そんな風に1人遊びしてくれている有難さとは引き換えに、イタズラも沢山してくれます・・・



うちは家の構造上、台所にゲートなどをつけていないので息子は自由に入ってこれるため、包丁が入った扉などにはストッパーを付けています。
でも、タッパーやお鍋の入った扉のストッパーは息子に何度か壊されてしまいそのままに。
そのため、息子は自由にそこを開け閉めしたり、タッパーを自分の遊び場に持って行っておままごとしたりしています。

最初のうちはこれらのイタズラに閉口させられていましたが、考え方を変えてからは少しは精神的に楽になりました。



タッパーの扉の中を幾つかの箱で区分し、大・中・小のタッパー別に区分けします。
さらに息子対策として、扉の一番手前に息子が遊んでいいようなタッパー類を入れた箱を置くことにしました。
そして、その箱を取り出さないと、奥の大人用のタッパーは取れないようにしました。

それからは息子は自分用のタッパーを出しては楽しんでいます。
こちらとしては、そのタッパーを散らかされたら、また息子用の箱にポッと入れ直すだけで片付けは終わるし、すすぎ直したりもしなくてはいいので楽です。


また、息子用の衣料箱もイタズラされる対象です。
彼のはしょっちゅう開け閉めしなくてはいけないので、ストッパーは付けていません。
なので、すぐに出されてしまいます。
それまでは、出される度にまたたたみ直して綺麗に入れ直していました。
でも、あまりに繰り返しなので疲れてしまい、それからは綺麗にしまうのを辞めました。

段ごとに、下着、ズボン、上着・・・などに大まかに分け、段の中でも区切りは1つないし2つくらいだけにして、あとは入れるだけの仕組みにしました。
多少探す手間はありますが、たたみ直す労力に比べると大したことありません。



そして、一番散らかされて困るのがオモチャ。
これに関しては、まだ小さいためオモチャが少ないことも関係していますが、オモチャ箱は2つにして、1つは車・ボールなど動くモノ、2つ目はその他、とあまりに大まかに分けて、あとはポンと中に入れていくだけにしています。
本にも書いてありましたし、子育て支援センターでもそうですが、子供は大まかに区分してあるほうが片付ける意欲がわくようですし、こちらとしてもその箱に詰め込めば片付くので楽です。

我が家では私が本好きのこともあり、息子は年齢の割りに本を結構持っているほうだと思います。
いつも食後に1人で絵本を散らかしながら読むので、その片付けも一苦労。
何か片付けやすい本棚がないかと探していたところ、支援センターなどにある表紙を見せて収納する本棚を知りました。
それで似たようなものを買いに行きましたが、どこのお店もいいお値段。
どうしようかと考えていたところ、大人用のマガジンラックを重ねて使おうとひらめき、2つ買ってきてそこに絵本を並べることに。

これは大成功でした。
息子が絵本を探すのも楽になったようですし、見せる収納だと息子自身が片付けようという気になるらしく、時折ですが自分で片付けてくれるので私も楽になりました。



昔から片付けは苦手な私。
でも、主婦として、そして母として、それなりには片付けないと家がスゴイことになってしまいます。
そんな苦手分野を、「ボックスに詰めていくだけ収納」にすることで、少しは克服してます。
ただ詰めていくだけの収納だと他の家族も比較的手伝ってくれますし、勉強時間を確保するための家事時間の切り詰めにはもってこいだと思います。

tag : 子育て支援センター イタズラ 子育てサロン ワンワン 勉強時間 家事時間

フライパン丼で勉強も出来る

今日は何かと忙しい日となることが朝の時点で分かっていたので、夫が早めの出勤にも関わらず、朝食の後片付けの間に夕食を作ってしまいました。
10分以下で出来ちゃうのでご紹介します。

私の料理はいつもあり合わせなので料理名がないのですが、つけるならば「なんちゃって親子丼」というところでしょうか。


①タマネギ、人参(息子に野菜を食べてもらうため入れているので、お好みで)をかなり薄く、火の通りがいいように切る。


②鶏肉も通常より薄めに切る。


フライパンに①、②、まぐろのたたき(実は冷凍していて、このまぐろを消費するために今回の丼を作ることにしました。なければ、鶏肉のひき肉あたりを入れるといいです)、めんつゆと水を適量入れコンロに。


④火が通ったら、溶き卵を流し入れ、強火に。


⑤これはあくまで、今回の思いつきです。
お土産にもらった、干しえびをまぶしました。これで味にアクセントがでました。
そして、きざみ海苔を飾って完成。






まあ、一般的な親子丼ですね。

ただ、ポイント1つ目はフライパンを使うことです
我が家には油モノ用フライパンのほかに、煮物のような和食用フライパンがあります。
フライパンのほうが、具材ごとに並べやすいので、初心者でも煮物がうまく作れます。(具材ごとに分けることで、それぞれの火の通りを確認しやすいため)
しかも、味もしみこみやすいです。
ちなみに落し蓋はキッチンペーパーにしています。

丼も同じ理由から、そして、丼用鍋だと1人分ずつ作るのが大変ですが、フライパンなら一気に三人分作ってしまえるという理由からフライパンを使っています。



ポイント2つ目は、溶き卵を入れた後は強火にするということです
これは数々の料理番組でも、プロの技として紹介していました。
このほうがグチョグチョの丼になりにくく、卵が表面トロリ、だけどシッカリとした感じになります。
ちなみに、蓋はしません。




この要領で、ほかの丼も結構よく作ります。
かつ丼のような有名な丼よりは、その日ある食材を消化したいというときに、今日のように余り食材をフライパンに入れるだけの丼をします。

余裕のあるときは、炒め物の要領で作って豆板醤だったり、オイスターソースだったりで味付けして、最後に水溶き片栗粉で絡めたり・・・、シチュールーでホワイトソースっぽい丼(どちらかといえばドリアっぽい感じ)、トマトなどでイタリアンっぽい感じなど、味付けと食材を変えてます。


丼の日はおかずが少ないのでテーブルが寂しくなりがちなので、器は丼ではなく、カレーなどを入れるような広くて少しだけ深いお皿に盛り付けています。
(ですから、正式には丼料理ではないですね・・・)



丼は今日のようなものなら10分以下、しかもかなり、ながらで出来るので、勉強時間どころか、子供との遊ぶ時間も増え、みんながニコニコなメニューです。

見た目より手抜き料理~講師時代

息子から私へ、そして夫へ…と風邪の連鎖はいき、とうとう家族全員が風邪ひきに。
でも今のところ、みんな軽症で済んでいます。




結婚してから子供が生まれるまでの二年ほどは、税理士講座の講師だった私。
週に二回、法人税法を担当していました。


授業日は18時すぎから授業開始。

準備などがあるので17時前に出勤します。ちなみに授業の組み立て準備は、前回授業くらいには大方仕上げているので、当日準備は板書や印刷、他講師との打ち合わせなどです。

授業が終わるのは21時半。税理士講座は特に定時で終わるクラスは少なく、受講生時代それが不満だった私は出来る限り定時に終わるようにしていました。でも、ボリュームが多い法人税法という性格上、なかなかそれが難しいときもあり、21時45分になるときも。
その後、質問を受けたり、片付け、打ち合わせなどで帰宅は遅い日は22時半。


授業日はこんな感じなので、私は16時半に夕食を済ませ、夫にはあらかじめ夕食を用意しておいて1人で食べてもらっていました。

となると、夕方までに夕食を準備しておかなくてはならず、朝や昼に夕食を作る生活はこの頃から始まったのでした。



授業日はよっぽど、改正税法や連結など準備が多い日でないかぎり、1.2時間で準備は終わります。
ですから、午前中は自分の勉強をしていました。(所得税法、相続税法を勉強中でした)
そして、昼になり、夕食作り。昼食は夕食の残りなど。


授業日だろうと、それ以外の日だろうと本来は変わらないのですが、授業日は時間的制約があるため勉強がはかどりました。
やはり、はかどる日に勉強したほうが効率が良いので、授業日は出来る限り、短時間で仕上がる夕食にしていました。


よく出してたのは焼き魚。夫は魚より肉という典型的な油モノ好き。
でも、サバやサンマのような油っぽい魚は好きなので、そういったものを。

そこに、炒め物、量やバランスを見て、納豆などを。

メイン料理で次に多かったのは、味付け肉を焼いたもの。スーパーで、豚ロースや鶏肉の味噌付けなどが売っているので、2つ入ったものを幾つか買って常時冷凍していました。


あとはムニエル。ムニエルは難しそうですが、塩胡椒して片栗粉、オレガノをまぶしたものをオリーブ油で焼いてワインで蒸せば出来上がり。これは今でも夫が大好きな料理の一つ。



これらは見た目ほどに手間がかからず、料理好きでない夫は全く手抜きとは思わず喜んでくれるので、よくしていました。


そんな夫ですが、一つだけこだわりが。



味噌汁やスープがないと嫌


らしいのです。




二人暮らしに毎日味噌汁を用意するのは大変だし、何となく効率が悪い。
具は毎日同じでもいいという夫の言葉から、我が家では2.3日に一回作っています。
夏場は特に腐りやすいですし、冷め次第、冷蔵庫に。
食べたい分をレンジ。




こんな風にして、勉強と育児の両立に役立った「見た目より手抜き料理」の基礎が出来たのでした…
訪問ありがとうございます!!
いつも動き回っているワンパク1歳男児のママです。 長年受けてきた税理士試験の最終科目を残したまま出産。どうしても睡眠時間が長い0歳児のうちに合格したいという思いから6か月から勉強を再開。ドタバタやりながらどうにかこうにか育児の合間に勉強する日々。試験直前に子供が病気したりもしましたが、何とか合格。育児超初心者ママが見つけ出した勉強と両立するための秘訣をお話ししたいと思います。 カテゴリ「はじめに」もご覧下さい。

Author:りょうでん

☆ランキング☆何位かな?ドキドキ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

税理士試験 子育てサロン 育児と勉強の両立 子育て支援センター 所得税法 CFP 勉強 相続税法 いないないばあっ イタズラ 事務所勤務 テレビ 財務諸表論 自分時間 法人税法 隙間時間 睡眠時間 0歳児 非常勤講師 フライング 理論暗記 寝かしつけ 時間の節約 アウトプット 運転中 短期合格 通関士 民法 確定申告 事故 妊娠 出産 寝ぐずり お昼寝 子供の病気 生活リズム 官報合格 食事時間 保育園 受験勉強 時間割生活 資格 ストップウォッチ 科目合格 授乳 家遊び 2時間問題 勉強法 育児中 簿記論 インフルエンザ 昼寝 イヤイヤ期 細木さん 勉強時間確保 幼稚園 目標 1歳半 男の子 育児 自己主張 お菓子 のびのび リトミック カート 講師 速読 理論サブノート 目次勉強 サンドイッチ勉強法 ダラダラ勉強 家族サービス 家事時間 勉強時間 合格秘訣 卒乳 育児業 妊娠初期 母乳 夜間授乳 簿記 メイク 腱鞘炎 妊娠後期 CFP相続税法 FP 税理士 継続教育テスト ワンワン 不景気 後期高齢者医療制度 実力判定模試 つわり 電卓 練習 

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
☆二代目ブログ☆
ママ税理士FPブラウニーによる「お金のツボ」       http://ameblo.jp/fp-brownie/
※当ブログのご利用方法※
このブログは大きく分けて、①育児と勉強の両立の秘訣 ②税理士試験をはじめ、資格試験の効果的な学習方法のご紹介 の2つの大きなテーマで構成しています。
☆プロフィール☆
大学卒業後、会計事務所勤務。 勤務中に税理士試験受験開始。 その後結婚、税理士講座の講師を 経て、長男出産。 その後、税理士試験官報合格。(税法は法人、所得、相続)。 ファイナンシャルプランナーAFP登録、CFP相続・タックス・不動産合格。 カテゴリ「税理士試験」の「合格・不合格年表」に詳細がのっています。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
楽天ランキング
最新記事
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。