スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験申込前に子供の預け先確保から

やっと、やっと!
夫の繁雑期が終わりました。
お疲れさま~、夫!
そして、息子も、そして私!?も。

昨年とは違い、息子もだいぶ物心がついてきて、お父さんが今日は帰ってこない、お父さんがほとんど家にいない、という状況に寂しさを感じさせる今年の申告でした。
いくら子供とはいえ、家庭それぞれの事情に慣れていってもらう必要もあり、スーツを着始める夫に泣きつく息子に心を鬼にして?「お父さん、お仕事だからいい子で待っていたら明日の朝また会えるよ!」と言い聞かせる日々。
彼はすぐにそれに順応し、毎朝夫といい子でいるからという「ゆびきりげんまん」をするように。

でも、やっぱり1歳児。
一生懸命寂しさを我慢しているらしく、1日1回だった授乳が風邪をひいたこともあり、6回ほどねだられたことも。
ほとんど出ない母乳をそんなに言われ、一時こっちも参ってしまうこともありました。
夜泣きをほとんどしない子だったのに、夜泣きをすることもあったし。

ただそういうことを経験する中で、子供は十人十色だし思いがけないことも起きるけど、母である以上その全てを受容してあげなくてはいけないんだとだいぶ母らしく考えられるようになりました。

育児をしていると「自分はまだまだ精神的に本当、子供だな」と思わされることが多く、仕事や資格などで成果を出したと少なからず自負していた自分が恥ずかしくなります。








ところで、CFP試験の申し込みがもうすぐ。
今年は6月のある日曜日にあります。

1科目か2科目か迷っていますが、どちらにしても1科目2時間、しかも片道1時間の会場のため子供は誰かに預けなくてはなりません。

前回試験は息子が4か月のとき。
まだ育児に慣れぬ夫が会場そばのデパートで見ていてくれました。
母乳中心の子でしたが哺乳瓶を夫に託して。
しばらくはデパート内をフラフラしたそうですが、あまりに泣いてしまい、スリングにいれてもダメで最後はデパートの授乳室の男性禁止となる手前のソファーでひたすら抱っこしていてくれたそうです。
(このときは2時間くらいだから平気、行っておいでという彼の言葉に甘えましたが、さすがに不安で1時間半前に退場してきました。)

今回は、夫の税理士試験が8月にありまさに直前期の最中。
なのでさすがに頼れず、実家の母にお願いする予定です。
6月といえばまだまだなのですが、母も忙しい人ですし、念のために聞いてみると、何とその日曜か翌週の日曜に友達と旅行に行く予定とのこと。
どうにか今回お願いできないかと懇願し、(自分の試験のために夫の両親に息子をお願いするのは何となく申し訳ないので。)何とか預けられることに。




昨年の税理士試験は以前も書いたように、その一年前から夫に頼むことが決まっていたので産後すぐに夫に育児に慣れてもらう段取りを取ったり、夫の仕事をうまく段取りをつけられるように前々から準備してもらったりと、本命試験ゆえに相当の段取りを踏んで臨みました。
(試験一週間前に、息子の授乳場所を探すため下見にも1時間かけて行きました)




子供を抱えて受験するというのは、受験勉強の時間を確保するという難関もありますが、その成果を発揮する試験当日の子供を預けるプランが万全でなくては、精神的にもハンデとなります。
そのため、意外なようで、試験当日のコンディションを整えることというのは、試験勉強以上に合格要因以上にカギとなってくると思います。
(ですから、試験前日に眠れたかどうかは非常に大事で、独身時代の受験は試験前でも眠られる秘訣なんかも研究したほどです・・・)
スポンサーサイト

tag : CFP 税理士試験

悩めることに感謝・・・と達観できれば

しばらく更新をさぼっておりました・・・

息子の風邪、夫の深夜までの残業、FP更新試験・・・など何だかバタバタしておりまして・・・・・・




突然ですがさっき久しぶりに泣きました。

平日の日中はあまりテレビをつけませんが、さっき少しつけたところ、昨年の今日亡くなったあるお母さんの話をやっていました。

2歳の娘さんを残して亡くなられたそうです。
娘さんが1歳のときに、余命半年と宣告。
それから1年ほどたって亡くなられました。

余命宣告されてから娘が思春期に入ったら母として教えたい、恋のこと、おしゃれ、体の変化、等々・・・・をノートに書き綴っていったそうです。
最後のほうは書くのが大変となり、テープで気持ちを残しました。





私も息子が1歳のため余計に入り込んでテレビを観ました。

もし、今の私が余命半年と宣告されたらどうなるだろう。
この目の前にいる息子を残して先立つなんて想像しただけで怖いです。

母になる前の私なら単純に死ぬのが怖かったですが、今はこんなに可愛い息子に色んなことを教えてやりたいし、いっぱい思い出を一緒に作りたいのに別れるなんてあまりに悲しいという意味で怖いと感じます。



1歳半を過ぎ、最近息子は自己主張が激しくなってきました。
しかも、どこに行ってもビックリされるほどよく動いていたのが最近はよりパワーアップしました。
彼のお母さんであることにかなり慣れ、自分時間を楽しむことで「大変そうだね~」という同情、哀れみ?の声にも動じず、結構楽しんできていた育児
でも、ここにきてすこーし、男の子、そしてよく動く彼の母であることに参ってしまうことも。




そんな中で観た番組。
理屈抜きに泣きました。
そして、理屈抜きに分かりました。


  育児に悩むことはあるけど
  息子がいて、私がいる
  それが当たり前ということだけでhappy





番組のお母さんは余命宣告後、子供を抱きたくても抱けませんでした。
抱っこは重くて大変・・・と文句を言っていることすら贅沢なんですよね。
ぐずられても、泣かれても、そうしてくれる存在がいて、そしてその相手を私がしてあげられるだけで本来は幸せなんですよね・・・
なかなかそんな風に達観するのは難しいですが。

育児の日常にいると、いや普段の生活ではなかなかこういう当たり前のようであって、実はとても「有難い」ことにはなかなか気付けません。



また日々の日常に埋没してしまうかもしれません。
いや、してしまうと思います。
そのとき、もし道しるべに迷ったらまたこの「生きているだけで本当は幸せ」という原点に立ち返ってきたいと思います。



今日は、育児と勉強の両立も、税理士試験もあまり関係ない(普遍的には関わっていますが)テーマで書いてみました。




tag : 1歳半 男の子 テレビ 育児 自己主張

里帰り終了後すぐ夫に

産後1ヵ月ほどして実家から自宅に戻りました。

そのとき、既に約半年後に勉強を再開することは決めてました。



そして、今までお話ししていませんでしたが夫について。
彼は知り合った頃、同業者でした。
そして、同じ勉強をする仲間。


その後私は家業手伝い&派遣をしながら前よりも勉強に専念。
それから結婚して、彼は事務所勤務を続け、私は法人税の非常勤講師をすることに。

同業者の方は特にご存知だと思いますが、事務所勤務はハードワークなことが多い。
彼の事務所は、というか彼の担当件数がというか、時期を問わず忙しいです。
そんな中、彼は我が家のために働きながら勉強も続けました。

子供が生まれるまでの結婚二年ほどはそうやって、2人とも勉強をする日々。

私が妊娠した年。
2人で今までずっと受験してきましたが、初めて私が出産で諦めざるを得なく、泣く泣く諦める私に「今回は俺が頑張り、来年は代わりに1年俺が諦めるから試験頑張って」と夫。
同居している訳ではなく、想像するだけで夫婦2人が0歳児を抱えながら受験するなんて不可能なことは産前から分かっていました。
睡眠時間の長い0歳児のうちに母親が受けておかないと、なかなかその後は勉強時間に恵まれないと先輩ママから聞いていたこともあり(税理士試験のように勉強時間が多い場合ですが)、夫の温かい言葉に甘えることにしました。
その代わり、今回だけの受験。
もし、これが不合格でも子供が幼稚園にあがるくらいまでは受験しないという限定付き。
この限定が試験直前、そして、試験当日の自分のモチベーションアップにつながったという面では結果的に良かったと思います。(ただ勉強期間中はあんなこと決めなきゃ良かったと思いましたが・・・)



長々となりましたが・・・
そういう経緯があり、産後実家から戻ってすぐに。

・約一年後に控えた試験当日は恐らくまだ授乳中で夫と息子は同伴で来て貰わなくてはいけない。

・半年後から始まる勉強期間中は、休日、授乳と授乳の間に私が勉強させてもらう間、夫に子供を見てもらわなくてはならない。

・夫の仕事が早い日は、夫に子供のお風呂、寝かしつけをしてもらっている間に勉強することもある



ということが想定できたので
夫に徐々に、お風呂入れ、寝かしつけ、オムツ等々、お世話を覚えていってもらいました。

最初はオロオロだった夫ですが、今ではお風呂は私より上手です。
そして、こうやって早いうちからしてもらったことで、お母さんじゃなきゃ嫌という壁にあまりぶち当たらないで済みましたので、試験直前なんかは下手すると、「お母さんはオッパイだけ」という感じすらするくらい夫になついていました。


勉強を再開してから2,3か月ほど、夫の仕事は1年で一番遅くなる時期で、夜中帰宅が続きました。
離乳食スタート、勉強スタート、そこに夫の残業。
もちろん、お風呂、寝かしつけはその間はずっと私1人です。

本来なら、勉強していなくてもめげそうな現実だったのですが、そこはプラス思考に、「夜ご飯の準備が楽だし、8時に子供を寝かしてから好きなだけ勉強できるわ」と考えるようにしていました。
同業者だったので、その時期のつらさは痛いほど分かり、とてもじゃないけど愚痴なんて言えませんでしたし、マイナス思考にクヨクヨする時間すらないほど勉強に忙しかったです。
夫婦の会話は、朝ごはんのときにしっかりしました。


そして彼の繁雑期が終わって。
ちょうど試験まで4か月というところ。
そこから、彼の提案で、休日、授乳と授乳の間に息子をスーパーや公園、遊び場等々、2人で出かけてくれるようになりました。
今でこそ、しょっちゅう2人で出かけていますが、当時、夫はお世話はできるものの、唯一していないのが子供とのお出かけ。
しかも、お出かけ+買い物もやってあげるという難関ハードルの提案に私も嬉しいけど心配しました。でも、やってみると意外と簡単で、しかも知っているパパさんが同じように子供とスーパーで買い物していたようで刺激になったようです。

そんな有難い夫の協力により、試験に向けて、少なくとも休日の勉強時間は前よりは増えました。
訪問ありがとうございます!!
いつも動き回っているワンパク1歳男児のママです。 長年受けてきた税理士試験の最終科目を残したまま出産。どうしても睡眠時間が長い0歳児のうちに合格したいという思いから6か月から勉強を再開。ドタバタやりながらどうにかこうにか育児の合間に勉強する日々。試験直前に子供が病気したりもしましたが、何とか合格。育児超初心者ママが見つけ出した勉強と両立するための秘訣をお話ししたいと思います。 カテゴリ「はじめに」もご覧下さい。

Author:りょうでん

☆ランキング☆何位かな?ドキドキ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

税理士試験 子育てサロン 育児と勉強の両立 子育て支援センター 所得税法 CFP 勉強 相続税法 いないないばあっ イタズラ 事務所勤務 テレビ 財務諸表論 自分時間 法人税法 隙間時間 睡眠時間 0歳児 非常勤講師 フライング 理論暗記 寝かしつけ 時間の節約 アウトプット 運転中 短期合格 通関士 民法 確定申告 事故 妊娠 出産 寝ぐずり お昼寝 子供の病気 生活リズム 官報合格 食事時間 保育園 受験勉強 時間割生活 資格 ストップウォッチ 科目合格 授乳 家遊び 2時間問題 勉強法 育児中 簿記論 インフルエンザ 昼寝 イヤイヤ期 細木さん 勉強時間確保 幼稚園 目標 1歳半 男の子 育児 自己主張 お菓子 のびのび リトミック カート 講師 速読 理論サブノート 目次勉強 サンドイッチ勉強法 ダラダラ勉強 家族サービス 家事時間 勉強時間 合格秘訣 卒乳 育児業 妊娠初期 母乳 夜間授乳 簿記 メイク 腱鞘炎 妊娠後期 CFP相続税法 FP 税理士 継続教育テスト ワンワン 不景気 後期高齢者医療制度 実力判定模試 つわり 電卓 練習 

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
☆二代目ブログ☆
ママ税理士FPブラウニーによる「お金のツボ」       http://ameblo.jp/fp-brownie/
※当ブログのご利用方法※
このブログは大きく分けて、①育児と勉強の両立の秘訣 ②税理士試験をはじめ、資格試験の効果的な学習方法のご紹介 の2つの大きなテーマで構成しています。
☆プロフィール☆
大学卒業後、会計事務所勤務。 勤務中に税理士試験受験開始。 その後結婚、税理士講座の講師を 経て、長男出産。 その後、税理士試験官報合格。(税法は法人、所得、相続)。 ファイナンシャルプランナーAFP登録、CFP相続・タックス・不動産合格。 カテゴリ「税理士試験」の「合格・不合格年表」に詳細がのっています。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
楽天ランキング
最新記事
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。