スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒸し料理も時短メニューになるかも・・・

今日は幼稚園の開放の日。
うちの息子はいつも通り、体操では一番前に出てそこまでのらなくても・・・とこちらが恥ずかしくなるくらいノリノリ。
どちらの血をひいたのか(夫いわく私らしい)、本人は何事にも一生懸命なだけなんでしょうが、どうも目立ってしまうような子になりつつあります。



昨日は同級生と子連れで会うために少し遠出したためか、今日は朝寝坊。
夕飯は切るところまでしか出来ず。

昼食時に夫が少し顔を出す暇があったので、その間にできるモノをチョイスしました。




茶碗蒸し以外ではほぼしたことのない「蒸し料理」。




レミパンを使っての野菜の蒸し料理は初なので、念のため軽く火を通すだけでいい食材を。

チンゲン菜、そして今が旬の新タマネギ、スーパーでよく売られているハムステーキ。
特に新タマネギは生でもいけるくらいクセが強くないので、時短料理にはもってこい。肉厚感を味わうために、多少大きめに。

ちなみにこの時期、同じく時短料理にもってこいなのが春キャベツ。
加熱時間が少なくていいのでオススメです。

肉厚感を味わうために、多少大きめに。


ハムステーキは最後に投入することにして、最初に塩を少し振った野菜から。
5分くらいしてしんなりし始めたところで、ハムステーキを。
当初の予想で、ハムステーキを上に置くことでハムの味が野菜に浸透して美味しいんじゃないかと思ったとおりいい感じにまとまりました。

夕飯前にもう一回蒸し、お皿に盛ってからオイスターソース、お好みで粗びきコショウをかける予定。





今回は初挑戦でしたが、蒸し料理は食材を入れてしまえば後は別のことが出来るので、かなり家事時間の節約に活躍してくれそうです。
スポンサーサイト

フライパン再利用・切り方工夫でスピーディ家事

先週末、知り合いからタケノコを沢山もらったので下茹でして、炊き込みご飯、味噌汁、酢の物そして天ぷらとタケノコづくしの料理をしました。

新婚当初、料理は好きなものの、タケノコは未体験で皮むきの仕方が分からず、むきすぎてタケノコがなくなってしまうという漫画みたいな出来事もありました・・・
それから思えば成長したなーと自分のことながら思ったり。



勉強などの自分時間を育児と両立させるためには、家事時間の工夫がポイントになってくるというのはいつもお話ししていることです。
そして、主婦にとって一番家事時間を必要とされるのが「料理」ではないかと思います。
私は料理が好きですが、三食ともなるとやはり頭を悩ませることがあります。

ということで新しく「スピーディ料理」というカテゴリを設けて、日々の暮らしの中で私が考えた時間短縮となりつつも、あまり手抜きではないメニューや方法をご紹介していきたいと思います。


さて本日の料理の紹介から。

今日はいつもより遅く起きてしまいました。
でもどうしても夫が出勤する前に夕飯まで作りたい!
ということでいつも以上に時間短縮を図りました。

夕飯
 ①豚肉とパプリカ・ナスのオイスター炒め
 ②マーボー豆腐 子供用
 ③高野豆腐ともやしの味噌汁


週末、天ぷらをしたので天ぷらに使用した油を別の容器に移し替えでなおフライパンに残っている油を有効利用したいと思っていました。
(天ぷら後の油はコクがあっておいしいですし、うちは再利用しています。その代わり、天ぷら時は今流行りのヘルシー系オイルにしたほうが再利用後もおいしいです)

そこで、そのフライパンで①を。
豚肉はしょうが焼き用のロース薄切りを昨晩から解凍していたので、そこに醤油・にんにく・生姜を例のごとくチューブでつけて下ごしらえ。

そして、パプリカとナスは時間がないのでかなり細かく千切りに。
ちなみにナスは油を含むとすぐに縮んでいくので細かくなりすぎない程度に。

そして後は肉を先に焼き、取り上げる(肉・魚を混ぜる料理はこれらを先に火を通し、取り上げておいたほうが硬くなりません。)
同じフライパンにゴマ油を少しひき、野菜をいためる。

この料理のポイントは、野菜を細かく切ることで炒め時間の短縮をはかることです
あと、余談ですが包丁が切れにくいと切る時間がかかってロスなので、包丁もこまめに研いでおいたほうが長い目で見て家事時間の節約につながります。



②については
天ぷら時に切りすぎた人参、新タマネギがあったので、それを子供用にみじん切りにし油で炒めて、ペーパーで水気を吸い取っておいた豆腐を入れて後は軽くオイスターソースを入れて出来上がり。
これはほぼ子供用なので、豆板醤などはいれません。
つまり何ちゃって麻婆豆腐。
うちの子は、ご飯そのものより、何かを混ぜたりかけたりするほうが沢山食べてくれます。
今日も、この料理をご飯にかけて麻婆豆腐丼のようにしてあげる予定です。
大人はこの料理は小鉢に入れる程度にして、明日もこのメニューを使って、焼きそばあたりにかけてあげる予定です。

この料理のポイントはまたもや時間短縮のために、ほぼ切ってある野菜を使ったこと、それからみじん切りにして炒め時間の短縮を図ったことと、野菜嫌いの子供でも食べてくれるようにしたところです
うちの子は野菜大好きっこだったのですが、最近野菜嫌いになってきてこのような感じで色々工夫して食べさせるようにしています。

あと、実はこのフライパン、朝食用の卵焼きに使ったもの。軽くふき取って再利用。味の系統は似ていますし、すぐに再利用しているので衛生面では大丈夫かと。こうすることでフライパンの洗い時間を短縮。
こういう方法はよくやります。





③は、組み合わせとしてはイマイチの味噌汁なんですが、朝のうちに②までしか作れず、③は昼食の後片付けの合間にサッと作りたかったのでどうしても下準備が短時間で済むものにする必要がありました。
なのでこれらの食材に。
高野豆腐は味噌汁などの茹で料理の場合、切るために軽く水でもどす程度で大丈夫なので意外と使いやすいです。
昼食中にもどしておきました。
味噌汁は温かいほうが美味しいので、夕飯直前までは味噌を入れません。
夕飯時に火をかけなおして、味噌を投入します。
なので、今の時点ではお椀に使う分の味噌を入れてスタンバイさせている状態です。
細かい話ですが、もちろんこのお椀は洗い物時間の短縮のため、私の味噌汁用のお椀となる予定です。

昨日作ったタケノコの酢の物が残っているのでそちらも少し出します。








ちなみにお昼は公園から帰ってすぐに食べさせないとウルサイ!ので


  子供→昨晩茹でておいた三色の野菜マカロニに子供用ミートソースをかける
    
  私→昨日の残り

そして2人とも今日は、市販のスープを使っちゃいました。


お昼はたまにレトルトなどに頼ります。
離乳食期をベビーフードに頼りがちだった時期を反省して一時期、レトルトを避けていたのですが、ある日スーパーを覗いてみると子供用のレトルトでも結構栄養満点な物もあるしたまに頼って楽になろうと思い、使ってます。
アンパンマンのシリーズはシールも入っていて子供も大喜び。

あと、うちの子はパスタが大好き。
でも、スパゲッティは茹で時間が多いので、週末や両親の家に行ったときにお願いして!?、うちではマカロニやサラスパを利用することで茹で時間の短縮を。
子供というのは意外と単純で、同じ系統だったり見た目の料理だったりすると食べてくれません。
なので、三色マカロニ(野菜入りなのでこちらとしても大助かり)にしたり、リボンのマカロニにしたりと工夫してます。
そして冷凍保存してこちらも時間短縮を。



という感じでまたスピーディ料理をご紹介していけたらと思います。

発想の転換でイヤイヤ期突破→お互いストレス減

今日は久しぶりに子育て支援センターに行きました。
そこで会ったママさんは、お子さんが今年4歳になる年だそうですが幼稚園等には入れず、2年保育にすると話してくれました。

来年4月から4年保育をスタートさせようかと少し考えている私にとっては尊敬の一言。
次に子供を考えていなければ今すぐにでも事務所を細々とながらも開業して(育児と勤務税理士の両立は厳しそうなので)保育園に子供を預けたいとすら思っているので、自分の意思で子供を見続ける!と思えるママは強いなと思うわけです。
しかも、私の周りは比較的早く預けたいタイプが多く、私の母なんかも早く預けたら・・・なんて言う始末ですから・・・・・







さて、今日は以前予告していたイヤイヤ期の対処法です。



イヤイヤ期に特に多いのが、オムツや着替えのイヤイヤ。

私も比較的遅い時期からでしたが、遭遇しました。
そこで参考にしたのが、私の育児バイブル「育育児典」。

イヤイヤというのは自立のスタートでもあるので、要は他人に自分の思いとは別に何かをされるのが嫌なので反抗するというのが原因のひとつなようです。
なので、本人に選択権を与えると比較的すんなりいくことがあるようです

私はオムツなら2つもって来て、「どっちの柄にする?」と選ばせ、また着替えならズボンと上着のどっちから着るか選ばせるようにしてからはだいぶすんなりしてくれるようになりました。
もちろん機嫌の悪い日は何をしてもダメなので強行突破ですが・・・・



それから、歯ブラシも某通信教育が毎週のようにDMを送ってくるように、この時期に頭を悩ませることの1つ。
これについては選びようがありませんよねー

かなり考え抜いた挙句、私は次の手段をとることにしました。
それは、その日食べた物を1つ1つ言っていくこと。
口をアーンさせて「あっ、ここにパンあるねー、あっ、お肉も、トマト、それからイチゴも・・・・」なんて感じで言いながら歯磨きを進めていくと比較的口を開けてくれています。
機嫌の良いなんかは自分で「ぎゅうにゅうー」とリクエストしてきます^^

この方法で手を洗うのを嫌がるときも「あっ今日公園行ったのをきれきれー(綺麗)、それからスーパーも、それからワンワンもー」とその日の行動を2人で振り返りながら手を洗うと結構楽しんでくれます。





何せまだ1歳児。
こっちの扱い方1つで意外と乗ってきてくれます。







でもでも・・・・・
実は昨日くらいからどうもこれらのやり方が通じないような気が・・・・


これはまたもや私の知恵の絞りどころかもしれません。

こうやって、親と子供の掛け合い??は続くんでしょうね。






子供とはいえ自分と別個の1人の人格と思ってあげるといいと聞いたことがあります。

私は親が時間がなかった分、「親の言うことなんだから聞きなさい」的に育てられた節があります。
(もちろんここまで育ててもらって今は感謝いっぱいですし、自分も忙しいとそうなると思います)
若いときはそれが耐えられなかったことがありました。

今後仕事を本格的に再開したらそんな余裕はなくなるかもしれませんが、今の自分は比較的余裕があります。
なので、人としての最低限のルールはしっかり教えた上で、息子が何か理由を持ってやりたい・やりたくないということについて子供としてではなく、1人の人間として耳を傾けてやりたいなと思っています。

それにそのほうが結果的には近道になるような気がするのです。


お互いストレスが少ないほうがいいですし、子供の反抗などに対して同じ目線でイライラするのではなく、一段違う立場からうまいこと操縦してあげられるような育児を目指していけたらと今は思います。
ストレス溜まっちゃうと、せっかくの自分時間が充実しませんしね・・・

お手伝いによる自信アップで勉強時間確保

ブログを作る際に、どういうテーマにしていくかを忘れないようにするためにカテゴリをあらかじめ作っておいたのですが、3ヶ月以上経った今も未記入のカテゴリがあることに今頃気付きました。

という訳で、今日は「お手伝いをさせる」です。

1歳8か月の現在のお話しから。
してもらっているお手伝いは


 ・ティッシュなどの自分が出した、または私が頼んだゴミをゴミ箱に捨てる
 
 ・出したおもちゃを片付ける
 
 ・ドラッグストアなどで「ピッしてもらってきて~」と言ってレジまで持っていってもらう

 ・洗濯中にカゴからタオルなどを一枚一枚出してもらう

 ・乾いた洗濯物を私が畳み、子供の知っている引き出しに入れてきてもらう


大まかに書くとこんな感じです。

お手伝いと言っても、私がやる作業の一部をしてもらった的な捉え方ですので、レジなんかは正式にはお手伝いとは言いませんね。

ただ、「お手伝い→私が楽になる」という考え方ではなく、「お手伝い→ボクも何か役にたてる一員なんだー」と実感してもらうこと、お手伝いしてもらうことにより「遊んでくれ」攻撃にあわずに順調に家事を進めることに主眼を置いているのでこういう感じになります。
特に後者については、税理士受験時代の0歳時に考えていました。

もちろん、0歳児ですからハッキリ言ってこちらの思うようなお手伝いにはなりません。
むしろ、逆効果なことも。
でも、ハイハイの頃にも「お洗濯お手伝いしよーかー」とか話しかけると、ベランダにハイハイで来てカゴの中から洗濯物を引っ張ったり何だか楽しそうにしてたので、こっちとしては愚図られることなくスイスイと洗濯干しができ、いつもお話している「起きている間に家事を済ます」目標に近づき助かりました。

また以前もお話ししましたが、私は台所にゲートなど設けず自由にハイハイさせていました。
(包丁など入っている引き出しはもちろんストッパーしていましたが)
なので、「お母さん、今からお料理ねー」とか言うと台所にやってきて、彼のイタズラ可にしている棚からタッパーを出したりして遊んでくれるので、まあ、子供がいない頃みたいな手のこんだ料理は出来ませんが、それでも起きているうちに何とか料理が出来て助かりました。







今現在のお手伝いについてですが、お片づけについてはTVいないないばあっのお片づけの歌を歌ってやらせると比較的進んでやるので助かってます。
うちは私がザックリとした片付けしかできないので、おもちゃもかなり大分類していくつかのカゴに入れれば片付くようになっています。
なので、子供が片付けたのを手直しする必要も少なく助かっています。


また、洗濯については、税理士受験後はあまり頼んでいなかったのですが、最近になって自分からやってくれるようになりました。

でも、やはり相手は子供。
頼んでもやってくれないときはやってくれません。
そういうときは無理強いしないようにしています

大人の本音はお手伝いしてもらうほうが時間はかかりますよね。
それを敢えてさせるのは本人の達成感を感じさせることにあると思うのです。
ですから、片付けは本人の散らかしたものについてのお手伝いですから必ず形だけでもさせますが、それ以外については無理強いしないようにしています。
あくまでもお手伝いが「やらされている」というものではなく、「楽しいからやりたい」というイメージになるように仕掛けています。


このスタンスは今では私の育児の基本になってます。
まあ、機嫌の悪い日などうまくはいきませんが、歯ブラシにしても、スプーン持ちにしても、トイレトレーニング(まだ補助便座に形だけ乗っています)にしても、興味や楽しさを持ってこそ成果がでるんじゃないかと思うので、こちらが知恵を振り絞って興味を持たせるようにしています。



長い受験生活、それから会計事務所時にお客様に会計指導させてもらってたとき、法人税の講師時、これらの経験の中で「自分から興味をもつ」ことが全ての上達の近道であると実感しました。

なので、子供にもこういう選択肢があるよと興味を持つように仕掛けてはやりますが、自分がやりたいと思うまでは下手に手を出さないようにしたいと思っています。
この実現のためにはかなりの根気がいりますが、育児は「相当の忍耐」がないとうまくいかないと最近感じるのです。
せっかち気味な私ですが、自分の人生勉強と思って「待ち」の育児をしてあげられたらと思います。

お買い物時のカート対策

最近はずっと晴れ続きだったので、ママ友ととお花見続きの毎日でした。
昨日はとても晴れていたのに、うっかり帽子を忘れてしまい、お肌が痛いです・・・・



何だか今年は体調を崩しっぱなしです。
またもや風邪なのか、声を潰してしまい、でも子供がいると声を出さなくてはならずスゴイ声を出してます・・・・




ところで、皆さんのお子さんはカートに乗ってくれますか?
うちの子は嫌がらず、いや、スーパーに着くと「カー、カー」と自分で引っ張ってきます。
でも、一般的には嫌いな子が多いようで、ある知り合いのお子さんは走り回って果物を投げてしまい、買うはめにあったと言っていました。

じゃあ、何てうちの子は大人しく乗るんだろう・・・と考えてみたのですが、もしかするとカートの種類かもしれません。
うちの子に乗らせるのは今風のきゃらくるカートや、コンビのベビーカー風のではなく、昔ながらの大型の対面式か、普通のカートにちょこっと子供の椅子が対面でついたタイプです。
言われてみれば、うちも対面じゃないと嫌がる、もしくは飽きてきます。
でも、対面だと私とおしゃべりしたり、手をつないだり(女の子ママにこれを話すとビックリされました・・・。寝るときもうちは手をつながないと嫌な子です。やはり男の子は甘えん坊なんでしょうか)できるので楽しいみたいです。
カートから降りたことがほぼないので、未だにお菓子コーナーの醍醐味を知らないというメリットもあります。


対面カート、保証はできませんが買い物に悩んでいる方は試してみてください。



てな訳で、今のところかもしれませんが、比較的買い物は大人しくつきあってくれるので1人の頃とまではいきませんが、私のストレス発散の1つになってます。
最近では子供服ストアにある遊び場でもそこそこの時間なら遊んでいてくれるようになったので、以前ほど子供服選びに失敗することは減りました・・・(愚図られながら慌てて買うことが減ったため)



うちはハイハイが5か月にスタートし、しかも0歳児の頃から買い物や外食なんてしようものなら動き回ったり、キーキー言うような子でした。
だから週末に夫がいるときに預けたり、それか一緒に出かけたりなんてことをしていました。
でもそれだと勉強できるせっかくの週末を有効利用できないので、昨年の4月以降は平日に無理してでも買い物は出来るだけ済ませるようにしていました・・・



でも、ここにきてどうも同じくらいのお子さんよりは買い物や外食面だけですが、比較的楽なようです。
あのときに苦労したご褒美が今きたのでしょうか。
まあ、いつまで続くか分かりませんが、今までの分も満喫しようと思います^^

tag : カート

実判期ママの勉強&運動好きの息子

すっかり更新が滞っております。

さて4月。
税理士受験生にとっては受験中の大変な時期トップ3に挙げられるくらい大事な実力判定模試(以下実判)の時期ですね。
昨年の私もまさにそうでした。
通常授業をこなしながらの実判受験、そして実判受験のための準備とあまりのハードスケジュールに目が回りそうでした。

たとえその科目が2回以上受験しているものであっても、実判の大変さは変わりません。
(もちろん1年目の大変さほどではありませんが)
何といっても理論を回す(条文を暗記する)のが大変。

ただ、昨年のような育児との両立、そして仕事と両立していたときなど常に意識していたのが、絶対に授業優先で勉強するということです。
ついつい、実判で良い成績を残したいあまり実判用の理論暗記にこの時期は終始しがちですが、そうすると実判が終わった頃にはたまった通常授業のチェック類との格闘に追われることになってしまいます。
それでは本末転倒です。
実判はあくまで現時点の自分の苦手項目の洗い出しのためのツールにすぎません。

昨年は相続税法を4回も受験済みのため、実判レベルだと制限時間が20分ほど余る感じでしたので時間がもったいない、しかも教室受験の緊張感は過去の受験生活で練習済みということで自宅受験にしていました。
そして、問題解き・答え合わせと見直しで大体2時間強かかるような感じにしていました。
(とはいえど、実は授乳の関係などで2時間通して解けたことはありませんでした・・・)

理論は一字一句正確に、ただ若干本番よりは字は汚なめにして時間を稼ぎ、計算については計算パターンなどで省略できるところは省略して、問題をひと通り解ききることにポイントを置いていました。

これは受験直前まで続けたことで、結局本番まででしっかりと綺麗に解ききったのは某校の6月の全国模試だけでした。
その模試は会場受験を選んだので、昨年の受験中としては初めて息子と2時間以上離れてしっかり問題を解くことができるというだけですごく嬉しかったのを覚えています。
そのせいなのかその模試では人生で初めて成績上位者に名前が載りました。
受験専念して頑張っていた年には載らず、育児中で時間がない年に載るとは皮肉なものです。



ということで、育児との両立をしていく上でこの実判時期は第一関門とも言えると思います。
今思えば、勉強が思うようにできず夫にも少しキツイ口調で話すときなどがあったようにも思います。
独身時代は両親にもこの時期と直前期は何度となくピリピリモードで接してしまっていました。
本当、何度思い返しても家族の支えなしにはなかった合格です。







ところで話は変わりますが、最近の息子の話。
先月はイヤイヤや病気続きなどで私も参っていましたが、私もあの手この手でイヤイヤを攻略し始め、何だかんだと楽しく暮らしてます。
運動好きの一面はさらにパワーアップ。
ジャンプはするわ、後ろ歩き!はするわ、スケートを観てからは「グルグルー」と言いながら何回も回って目を回してキャハキャハ言ってます。
お天気も良くなり、公園に行く機会も増え、運動嫌いの私ではあり得ないような遊びにもつきあわされてます・・・
(ロープづたい、ジャングルジムなど)
その点、同時期の子よりは若干おしゃべりは遅いかな・・・

他のお子さんを見てても一概には言えませんが、運動好きな子はおしゃべり遅め、その逆もあり、というパターンが多いようです。


最近旅行に行ったりと何だかんだと勉強も遅れがちです。
そろそろ通常の生活に戻さねば・・・・
前回の教訓どおり、無理はしない程度に^^
訪問ありがとうございます!!
いつも動き回っているワンパク1歳男児のママです。 長年受けてきた税理士試験の最終科目を残したまま出産。どうしても睡眠時間が長い0歳児のうちに合格したいという思いから6か月から勉強を再開。ドタバタやりながらどうにかこうにか育児の合間に勉強する日々。試験直前に子供が病気したりもしましたが、何とか合格。育児超初心者ママが見つけ出した勉強と両立するための秘訣をお話ししたいと思います。 カテゴリ「はじめに」もご覧下さい。

りょうでん

Author:りょうでん

☆ランキング☆何位かな?ドキドキ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

税理士試験 子育てサロン 育児と勉強の両立 子育て支援センター 所得税法 CFP 勉強 相続税法 いないないばあっ イタズラ 事務所勤務 テレビ 財務諸表論 自分時間 法人税法 隙間時間 睡眠時間 0歳児 非常勤講師 フライング 理論暗記 寝かしつけ 時間の節約 アウトプット 運転中 短期合格 通関士 民法 確定申告 事故 妊娠 出産 寝ぐずり お昼寝 子供の病気 生活リズム 官報合格 食事時間 保育園 受験勉強 時間割生活 資格 ストップウォッチ 科目合格 授乳 家遊び 2時間問題 勉強法 育児中 簿記論 インフルエンザ 昼寝 イヤイヤ期 細木さん 勉強時間確保 幼稚園 目標 1歳半 男の子 育児 自己主張 お菓子 のびのび リトミック カート 講師 速読 理論サブノート 目次勉強 サンドイッチ勉強法 ダラダラ勉強 家族サービス 家事時間 勉強時間 合格秘訣 卒乳 育児業 妊娠初期 母乳 夜間授乳 簿記 メイク 腱鞘炎 妊娠後期 CFP相続税法 FP 税理士 継続教育テスト ワンワン 不景気 後期高齢者医療制度 実力判定模試 つわり 電卓 練習 

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
☆二代目ブログ☆
ママ税理士FPブラウニーによる「お金のツボ」       http://ameblo.jp/fp-brownie/
※当ブログのご利用方法※
このブログは大きく分けて、①育児と勉強の両立の秘訣 ②税理士試験をはじめ、資格試験の効果的な学習方法のご紹介 の2つの大きなテーマで構成しています。
☆プロフィール☆
大学卒業後、会計事務所勤務。 勤務中に税理士試験受験開始。 その後結婚、税理士講座の講師を 経て、長男出産。 その後、税理士試験官報合格。(税法は法人、所得、相続)。 ファイナンシャルプランナーAFP登録、CFP相続・タックス・不動産合格。 カテゴリ「税理士試験」の「合格・不合格年表」に詳細がのっています。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
楽天ランキング
最新記事
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。