スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働くママ気分で育児

育児をしていると色んなママに出会います。
大学を卒業してからは、仕事上で沢山の人に会うことはありましたが、男性、しかも年上の方々が多く、歳の近い女性に会う機会がめっきり減っていたので、かなり新鮮です。

で、昨日お話していたように、遊び場などで色んなママと初対面でもざっくばらんにおしゃべりするのですが(ママ社会はこのほうがうまくいくようで、多くの場合は最初からタメ口のほうが打ち解けやすいようです・・・。男社会にいた私は最初はドギマギしました。)、かなり多くのママが「毎日しんどくない?子供の相手ばかりで」的な話をしています。



私も特に子供を産んで勉強するまでの半年ほどは、同じ気持ちでした。
産んで1,2か月は、お世話に追われてあっという間に日々が過ぎるからいいです。

その後、少しずつお世話が減って、時間が出来てくる。
もちろん、子供がいるから羽をのばすほどの時間ではないけれど、例えば午前2時間とか、午後2時間とか細切れで時間が出来てくる。でも、子供も起きている様になるし、さて何しよう・・・と。
そして、私はベビマなんかに必死に通って、その僅かながら空いている「暇」を埋めようとしていました。



小さい頃、一人っ子時代が長かった私は、イマイチ遊びに関しては苦手です。
お恥ずかしいのですが、何をして遊べばいいかピンとこない。
なので、おうちにいるときは絵本を読み聞かせてあげることが多かったです。0歳児時代は。

その点、ベビマや支援センターなどに行くと子供も新鮮で1人遊びやお友達遊びをしてくれるし、親にもうまいこと遊びを持ちかけてくれます。
ですから、家遊びが苦手な私は極力外出するようにしていたので、どちらかといえば前述のしんどさは多く感じるほうではなかったかもしれません。
でも、時折、平日の日中に、子供をベビーカーに乗せているところを営業車や、スーツを着た人なんかが通っていくと、何というか申し訳ないというか、自分だけ社会から取り残されたかのような気持ちになっていました





今ではあんまりそんな気持ちは抱かなくなりました。
もちろん、勉強という目的があり、暇がなくなったというのもあります。
でも、一番大きな理由は考え方を変えたこと。



「育児」という業種の仕事を日中している


自分も育児業に就く働くママ


と考えることにしたのです。




夫の出勤時間から私の業務時間はスタート。
夫の帰宅時間、もしくはその前に子供が寝ればそこで業務時間は終わり。

そして、以前お話しした月齢に合った時間割は業務スケジュール。

お散歩だって、一社会人としてのお仕事。
買い物だって、会社の買出しみたいに思えばいい。

うちの場合、とっても活発な男の子で、「本当に大変そうね」と同情すらされます・・・
でも、同じ育児業界の「活発な男の子」という分野と思っていると、その分野に合わせた育児、つまり子供の性格に合わせた行動なり、対応なりが身についていく訳で、別に他分野、つまり他のお子さんと比べてどうこうみたいにも悩みにくいです。
(お仕事、分野などと言っているのはイメージ上であり、実際の育児となんらやっていることは変わりませんから、誤解しないで下さいね)


そして、この育児業というお仕事の傍ら、副業として勉強というお仕事を兼任していると思っていました。



で、たまに友達と会ったりするのはイベントのある日みたいな感じで。


「育児業」と割り切ると、暇な時間を子供と持て余していると考えることはなくなり、むしろこの少子化の時代に子供を育てるという立派なお仕事をしているとすら考えるようになりました。



でも、実際は育児している自分のことを働く人たちが、「お気楽でいいよね」的に思っていることはあまりないのが実情だと思います。
それよりかは、特に子供を育てた経験のある人なんかは「大変そう」と思うほうが多いかもしれません。
だから、これは「鬱々としてしまう自分自身への対応策」なのかもしれません。



こんなことを思わなくても、毎日楽しく育児をしているママはいいと思うのです。
ただ、私のように、社会から取り残されたような気持ちで鬱々としてしまう場合、このように割り切るのも手かもしれません。

「今いる場所は私のいる場所でない」と私は昔から考えがちでした。
でも、以前年表でもお話ししたようにその時々が人生の大事な1コマであり、そこを満喫しないのはもったいないと思うようになりました。
ですから、何事も考えようで幸せ度は変わっていくのかもしれません。


考え方を変えても幸せ度が変わらないときは、今の置かれている現状を変えるとき


かもしれない・・・


という指標に最近はしています。
スポンサーサイト

comment

Secret

訪問ありがとうございます!!
いつも動き回っているワンパク1歳男児のママです。 長年受けてきた税理士試験の最終科目を残したまま出産。どうしても睡眠時間が長い0歳児のうちに合格したいという思いから6か月から勉強を再開。ドタバタやりながらどうにかこうにか育児の合間に勉強する日々。試験直前に子供が病気したりもしましたが、何とか合格。育児超初心者ママが見つけ出した勉強と両立するための秘訣をお話ししたいと思います。 カテゴリ「はじめに」もご覧下さい。

りょうでん

Author:りょうでん

☆ランキング☆何位かな?ドキドキ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

税理士試験 子育てサロン 育児と勉強の両立 子育て支援センター 所得税法 CFP 勉強 相続税法 いないないばあっ イタズラ 事務所勤務 テレビ 財務諸表論 自分時間 法人税法 隙間時間 睡眠時間 0歳児 非常勤講師 フライング 理論暗記 寝かしつけ 時間の節約 アウトプット 運転中 短期合格 通関士 民法 確定申告 事故 妊娠 出産 寝ぐずり お昼寝 子供の病気 生活リズム 官報合格 食事時間 保育園 受験勉強 時間割生活 資格 ストップウォッチ 科目合格 授乳 家遊び 2時間問題 勉強法 育児中 簿記論 インフルエンザ 昼寝 イヤイヤ期 細木さん 勉強時間確保 幼稚園 目標 1歳半 男の子 育児 自己主張 お菓子 のびのび リトミック カート 講師 速読 理論サブノート 目次勉強 サンドイッチ勉強法 ダラダラ勉強 家族サービス 家事時間 勉強時間 合格秘訣 卒乳 育児業 妊娠初期 母乳 夜間授乳 簿記 メイク 腱鞘炎 妊娠後期 CFP相続税法 FP 税理士 継続教育テスト ワンワン 不景気 後期高齢者医療制度 実力判定模試 つわり 電卓 練習 

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
☆二代目ブログ☆
ママ税理士FPブラウニーによる「お金のツボ」       http://ameblo.jp/fp-brownie/
※当ブログのご利用方法※
このブログは大きく分けて、①育児と勉強の両立の秘訣 ②税理士試験をはじめ、資格試験の効果的な学習方法のご紹介 の2つの大きなテーマで構成しています。
☆プロフィール☆
大学卒業後、会計事務所勤務。 勤務中に税理士試験受験開始。 その後結婚、税理士講座の講師を 経て、長男出産。 その後、税理士試験官報合格。(税法は法人、所得、相続)。 ファイナンシャルプランナーAFP登録、CFP相続・タックス・不動産合格。 カテゴリ「税理士試験」の「合格・不合格年表」に詳細がのっています。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
楽天ランキング
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。